So-net無料ブログ作成

八景島シーパラダイス ジンベエザメとイルカの競演 [サメ]

昨年の10月5日、八景島シーパラダイスのショープールにジンベエザメが搬入されたことはこのブログでもレポートした通り。
それによって、八景島ご自慢のショーはイルカが登場することができない中途半端なものになってしまい、ファンをガッカリさせていた。
しかし、昨年末、2匹目のジンベエザメが搬入されたというニュースは、そんなファンをさらガッカリさせたのかも知れない。IMG_6753.jpg
とは言え、ジンベエザメは東日本では八景島シーパラダイスだけで見ることのできる展示であり、また、複数の個体による展示は今現在、八景島を除くと沖縄美ら海水族館でしか見ることができないかなりスペシャルなものなのだ。
そんな特別感も手伝ってか、ジンベエ目当ての観客も増えているらしい。
もちろん、オレにとってもジンベエザメは、フルコンプリートを目指している以上、避けては通れない重要な展示。見に行かなくちゃ!! と思い続けながらも、結局3月末になっちゃった…(汗)

新たに搬入された個体はメス。IMG_6942.jpg
八景島シーパラダイス的にはジンベエ・カップルというのが展示の売りらしい。
2011年4月現在、日本全国の水族館で展示されているジンベエザメは全部で8匹。その内メスは2匹しかおらず、八景島と沖縄美ら海水族館でしか見られない。
とは言え、雌雄で見た目が違うワケではないから、そこにスペシャル感はあまりない(笑)
新たに搬入されたメス個体は、10月搬入のオスよりも少し大きいとのことだが、2匹とも5m未満の大きさなので、見た目にはあまり変わらないように見える。

ジンベエザメがやってきた昨年10月以来、5ヶ月ぶりに見に行ったのだけど、その時と大きく違うのは、水の透明度が大幅に高められていたこと。
もう別の水槽かと思うくらい、水が透き通っていた。何か新しいろ過設備が追加されたりしたのだろうか?
いずれにしても、プールを泳ぐジンベエザメがとても綺麗に見えるようになったことは喜ばしいことだ。写真を撮るにもありがたいし。

前にも書いたように、ジンベエザメが来て以来、八景島ではイルカが登場するショーを中断していた。だが、3月からジンベエザメがいるプールにイルカを入れて、パフォーマンスを行うという新しいショープログラムを開始した。
果たして、ジンベエザメとイルカの共演なんて、どうなるんだろう? 興味津々だった。

最初はシロイルカから。
登場するのは1頭のみ。北極海のシロイルカと、暖かい海のジンベエザメがひと所にいるなんて、実に不思議な光景だと期待していたのだけど、実際はシロイルカが観客席前でパフォーマンスをしている間、ジンベエザメは奥のステージに集められ、餌が与えられる。
IMG_6793.jpg
※この写真は別のパート。観客席正面で餌が与えられる。
どちらも若い個体ということもあり、餌に対する反応が抜群にいい。餌を与え始めると、すぐにそこに寄っていって、気持ちいいように餌を吸い込んでいく。
つまり、シロイルカの近くへは行かないということ。
自然界では絶対に遭遇することのない2種だけに、一時的な混泳でも難しいのかも知れない。それ以前に、ジンベエザメに合わせた水温が、シロイルカには高すぎるのだろうし。
1頭しか出てこないのも、そういう事情があってのことなのかも?
登場するシロイルカは、ジンベエザメをまったく気にしていないように見えるのだけど…

お次はカマイルカとバンドウイルカが登場。やはり全頭は出てこないようだ。
最初は1頭のカマイルカがジンベエザメを追尾して、大丈夫なことをアピール。144.jpg
その後、イルカたちのジャンプパフォーマンスが披露されるのだが、イルカたちが跳び始めると、水面近くを泳いでいたジンベエザメは潜ってしまい、あまり上の方を泳がなくなる。気にしていないように見えても、案外、イヤなのだろうね。
登場しているイルカたちも、特にジンベエザメを気にしてる様子はないんだけど、ジャンプを終えて、ステージに戻ってくる際などにすれ違うと、横目で見ていたりと、何となく気にはしている様子。ちょっかいを出したりはしないけど、やはり自分より大きな相手だけに、やはり意識はしてしまうのかも知れない。
145.jpg
ジンベエザメとイルカの混泳は始められたばかり。
全頭が登場しないことからも、ジンベエザメを嫌がる個体がいるのかも知れないし、慣れたら慣れたで、今度はジンベエザメに悪戯するイルカが出てくるかも知れない。もちろん、両者がうまく混泳する可能性だってあるんだけど。
それらも含めて、今後の展開に注目の八景島のショープールなのでした。
理想を言えば、島内のどこかに、ジンベエザメ館なんかが作られるのが一番いいと思うんだけどなぁ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

pomu.

すれ違う時に横眼で見たりするんですね
イルカにとってはもともと自分たちが使っていた場所になんかデカイヤツが入ってるって感覚はあるだろうし
ジンベエザメにとっては、最近すっかり自分ちだと思っていた場所に、やたら元気な客が来たって感じになっているのかもしれませんね

いずれは、ジンベエザメが周囲を悠々と泳ぐ中
イルカたちが元気にジャンプ! なんて光景が見られるようになるといいですねぇ

ジンベエたちが並んでご飯をもらおうとしている姿が非常に愛らしいです^^
by pomu. (2011-05-11 13:29) 

ミストラル

>pomuさん

チラッと見てるように見えるんです。気のせいかも知れないけど。
カマイルカは見ていなさそうだけど、バンドウイルカは見てます。きっと
!!

イルカたちからすると、pomuさんが言われるように思っているんでしょうね。
とりあえず、ジンベエザメがいるプールでイルカショーができるという所までは証明できましたが、この先どうなるかはこれからの話ですから、いろいろな意味で注目の組み合わせ、ということになりそうです。

2匹のジンベエは、大きさを除けば、池の鯉みたいでしたよ(笑)
by ミストラル (2011-05-12 04:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0