So-net無料ブログ作成

ロストチェンバー水族館の気になる魚 Vol.1 [海の魚]

今にして思えば、ドバイ行きの最初のきっかけは、以前やらせてもらった水族館ブロガーイベントの打ち合わせの時、めnちがロストチェンバー水族館に行った時の画像を見せてくれたことだったのかも知れない。
そこに写っていたのは、見たことのない魚の姿。その時見た画像が、オレをドバイまで引き寄せたと言ってもいい。

その魚というのがダブル(トゥー)バーシーブリーム(Acanthopagrus bifasciatus)。
LY5A8554.jpg
独特な色、柄のタイ科クロダイ属の魚。
日本へは観賞魚として入ってくることもあるらしいが、オレは見たことがない。日本の水族館で飼育しているところはないのではないだろうか。
地元、ペルシャ湾を象徴する魚のひとつで、大小さまざまなサイズが沢山いた。
最初、ひと目見た時は、あっ!! あの魚!! と感動の対面だった訳だが、あまりの個体数の多さと、次から次へと現れる未知の魚の前に、かなり早い段階で、キミ、もういいや、になってた(笑)
でも、ロストチェンバー水族館で見るこの魚は、本当に綺麗だった。

ペルシャ湾にはタイやその近縁種が多いのか、複数種類の見たことないタイ科の魚を見ることができた。
中でもダブルバー以上に驚いたのがキングソルジャーブリーム(Argyrops spinifer)と思われる大型タイ。
LY5A9579.jpg
キリッ!! カメラ目線いただきました(笑)

著しく体高が高く、頭部から背中にかけてが著しく突出するというインパクトある見た目。
最初にその姿を見た時、あまりに特異な見た目に、奇形? と思ったくらいだ。
それが何匹もいるので、奇形の疑いは晴れたが、そのサイズの大きさといい、インパクト強いルックスといい、これまたものすごくカッコいい魚だと思った。

タイに近いところで、お次はフエフキダイ科。
アマミフエフキ? だろうか??
LY5A8773.jpg
フエフキダイと言えば、沖縄の魚として高い知名度を持つハマフエフキ(たまん)が有名だが、この魚が目の前を横切った時、咄嗟に“赤いたまんがいた!!”と叫んだ(心の中でよ)。
でも、たまんにしては体高が低く、何より体が赤い。これまで数多くのたまんを見てきたが、こんなに赤い個体は見たことがない。
そこで、アマミフエフキだろうという結論に至ったのだけど、アマミフエフキなら生きた姿を見た覚えがないし(覚えてないだけかもだけど)、何より、こんなに大きな個体は見たことがなく、強く印象に残ったのでここに並べる。

タイ、フエフキダイときたので、お次はフエダイ科。
ロストチェンバー水族館の大水槽、種類数もさることながら、個体数も多く、そして水槽も大きいから、違う窓を覗くと“こんなのもいたの!!”となることが多かった。

大きな群れを作って泳いでいたチカメタカサゴ(Pinjalo pinjalo)もまさにそれ。
LY5A8627.jpg
大きな群れ、しかも1匹1匹が大きいにも関わらず、その存在に気付かない(目の前の魚に集中し過ぎていたところもあるけれど)ことも、この水槽の巨大さならではだが、アクバー提督(@スターウォーズ)みたいな顔をしたこの魚も、初めて見たものだ。
日本に戻って調べると、和名があったが、日本にもいるの? 日本の水族館で出会った記憶はないのだけれど……
それ以前に、和名にある“タカサゴ”に違和感だ。タカサゴって言ったら、大きくても30㎝くらいの小魚のイメージ。しかしこの魚ときたら、70㎝はあろうかという巨体だったから。
まぁ、強いて言えば、ユメウメイロ(タカサゴ属)の老成個体にはちょっと似た感じあったけれど……
泳いでいたものは、中には赤っぽいものもいたが、ほとんどは黒っぽいグレー。でも、その大きさといい、顔つきといい、これまた強いインパクトを残した魚だった。

インパクトという点では、ストリークドスパインフット(Siganus javus)もたまらない。
LY5A8568.jpg
こいつはアイゴの仲間。もちろん、見たのは初めて。
黒っぽい体に、虫食い状の白い模様が密に入る色柄が、大きな水槽の中でも目を引いた。
独特な体色は綺麗だと思ったし、しかもこいつも結構大きい。50~60㎝くらいがアベレージサイズ。そんなのがゴロゴロいる…… のだけど、なかなかアクリルの近くに来てくれず、写真を撮るのには苦労した。

こんな感じで、見たことがない魚がゴロゴロしてる。
しかも、ひと目で見たことがないことが分かる、分かりやすい特徴、大きさを持った魚たち。
これはハァハァしない訳はないってもんだよね。
おまけにこうして、知らなかった魚たちの正体を探すという宿題も楽しめたから、ロストチェンバー水族館の大水槽はホント、大きな収穫が得られた。
なお、魚の同定は主にFishBaseを使った絵合わせによるもの。外してはないと思うけれど、正しい手順の同定ではないので、正確性はあくまで“その程度”。

水槽の透明度の高さに、遠く離れた魚にもピントが合うだろうと、構わず撮りまくってたが、やはり遠くにいる魚にばっちりピントは合わず、残念な写真も多数……
もう1度、撮りに行きたいなぁ……

という訳で、見たことない魚シリーズは来週も続きます!!
nice!(0)  コメント(2) 

ロストチェンバー水族館(UAEドバイ) [海外水族館インプレッション]

ドバイに着いて、最初に向かったのはロストチェンバー水族館。
IMG_2989.jpg
ヤシの木型(ヤシの木というより、カブトガニの裏側みたいな感じ?)の人工島、パームジュメイラにある高級リゾート、アトランティス・ザ・パームの中にある水族館だ。
アトランティスは、そのカブトガニの甲羅の先端みたいな場所にあって、オレが泊まっていたディラ(空港などがあるエリア)からは36~37㎞ほど。タクシーだと約20~25分、約2500~2700円くらい。メトロ→トラム→モノレールでも行ける。

リゾート全体が海に沈んだ伝説の古代都市、アトランティスがテーマになっていて、水族館もその世界観で統一されている。
巨大リゾートらしく、施設内にさまざまな商業施設やレストランなどが揃っているが、水族館内での長時間滞在(オープンラストみたいな)は想定していない模様。再入場が可能なのかは不明。
なお、アトランティスの宿泊者は、無料で入れるらしい。
水族館のみの入館料は115AED(3500円くらい)と、日本の水族館と比べると高め。

ここに来る前、ネット検索してみると、変わった雰囲気の水槽の画像が沢山出てきた。海外ならではの“イロモノ水族館”なのね、と少々偏見めいた思いを持っていたし、それもあって、行く前の期待値はそれほど高くはなかった。

でも、実際にそんな水槽を見てみると、あれっ!? ここの水槽、綺麗だぞ!!
LY5A8755.jpg
確かに、水族館の通路や水槽内の装飾は独特な? デザイン、雰囲気のものになっていて、生き物そのものとか、生態云々、みたいなことよりも、独自の世界観の演出に重きを置かれてる印象。
とりあえず、お金はすごく掛かってるなぁ、な感じ。

だけど、驚いたのはレイアウトや装飾云々以前に、アクリルも水もすごく綺麗なこと。
始終誰かが掃除をしているという訳でもなさそうなのに、磨き上げられてピカピカなのだ。
しかも、中を泳ぐ魚も綺麗。
お金を取って人に見せる水族館が綺麗なのは基本中の基本ではあるのだけど、これだけ綺麗な水槽は意外と少ない。
それだけで、魚好きのオレのその施設の印象はグンとよくなるというものだ。
LY5A9520.jpg
人気を集めていた大型ハタの水槽。角の生えたテーブルの下に陣取ってる超巨大(2.5mはありそう。だけどすごく綺麗な個体)なタマカイ2匹を筆頭に、チャイロマルハタやサラサハタなどが入ってる。でも、何でテーブル?

綺麗さのクライマックスはメインの大水槽だ。
外光の影響を受けた大水槽は、大きな窓が付いた部屋に入るだけで、空間を青く染める。その青さに引き寄せられるように大きなアクリル窓へと近づくと、思っていたよりもはるかに大きな水槽サイズにまず驚かされる。
LY5A8888.jpg
扇形のような形をした大水槽は、あらゆる場所に大きなアクリル窓が取り付けられており、水槽の透明度が圧倒的に高い分、水槽の向こうにいる人の姿がかなりはっきりと分かる。
水槽越しの人の姿は、水槽の大きさや不自然さを意識させる要因となるので、水槽を大きく見せたい場合にはマイナス要素なはずだが、本当に大きな水槽なら、水槽の端がどこまであるか分かることで却って巨大さを強く意識するのかも知れない。とにかく水槽の大きさは驚きだった。後で調べたら1万1000tもあるらしい。そりゃデカいわな。

短いけれど、動画も。

その中を泳ぐのは、地元ペルシャ湾の魚たち。
スギとかシノノメサカタザメとかセンネンダイとか、日本で見るものと変わらない姿形のものもいるが、オニテングみたいな日本では珍しいものがゴロゴロいたり、また、見たことがない種類も多く、それらが次から次へと目の前に現れ、横切っていく。
日本でも特別珍しい訳じゃなくても、掃いて捨てるくらいいるマクロススとか、もういろいろスゴイ!! としか言えない。
自分の中での情報処理が追い付かず、もうどうすればいいか分からなくなり、パニックになりそうだった(笑)
水族館でこんな思いを味わったのは久しぶり。ドバイまで来て良かったとつくづく思った。
LY5A8648.jpg
水槽内の装飾は、海に沈んだ遺跡。だから、水槽の壁面も石造りのレンガのような設え。
本来なら、違和感がありそうな人工物なのに、不思議と本当に海の中の光景のように見える。
実際に見るまではもっと違和感があるかと思っていたのに、気が付けば水槽に取り込まれたように、見入ってた。
種類数だけでなく、個体数も多い魚たちのお陰で、ぼんやり眺めているだけでも、目の前の光景はめまぐるしく変化し、見ていて楽しい。

ただ、水槽前に置かれたベンチに座って水槽をぼんやり眺めるには、周りがざわざわしすぎてるかも知れない。観光客が多い施設なので、あんまりゆっくりという感じにはなりにくい。
また、雰囲気重視な施設ということもあってか、水槽周辺に魚名板的なものはなく、水槽にいる数種類だけを紹介した電光パネルがあるだけ。
未知の魚の正体は、家に帰って調べる必要がある。それはそれで楽しかったけどね。
とりあえず、魚好きなら楽しい水族館なはず。ドバイの水族館では一番のオススメだし、個人的にもとても楽しかった。

アトランティスの施設内には屋外のウォーターパーク(プール)があって、そこにはサメの水槽を通り抜けるウォータースライダーとか、イルカやオットセイのショーをしているプールなんかもあるらしいのだけど、そちらには行ってない。
見学だけでよかったんだけど、そのエリアに立ち入るのは別料金らしく、それがそれなりに高いようなので断念した。
とりあえず、水族館だけで十分以上に満足できたのだけど……
nice!(0)  コメント(2) 

UAEの水族館紀行 [海外水族館インプレッション]

水族館巡りを始めて14年めともなると、日本国内の水族館はほぼ巡り終えた。
だから、という訳でもないけれど、海外の水族館も見たい!! という思いは強まりつつあった…… のだけど、降って沸いたみたいにそれが叶うことになってしまった。

きっかけは、ウチの連れ合いが、“ドバイ8万9000円!!”みたいなネット広告を見つけてきたこと。
正直に言うと、ドバイは特別行きたかった場所ではなかった。でも、この値段なら悪くない。冷やかしのつもりで問い合わせてみることにした。
どうせ、“その値段のは売り切れです”みたいことを言われるのだろうと思っていたから。
でも、予想に反して本当にその値段で行けます、との回答。
ドバイまで行くことになった。

比較的狭い範囲に、水族館やそれに相当する施設が5つもあるドバイは、水族館を目的に出掛けるならベターな行き先だ。
そう考えると、そんな場所に行く格安ツアーが目の前に降って沸いたなんて、きっと“呼ばれて”いたのだろうね。

ドバイの水族館と言えば、ドバイモールにあるドバイアクアリウムがよく知られている。
LY5A9129.jpg
この水槽ができた当時、美ら海水族館の大水槽を抜いて世界一になったことでも知られている。
大水槽を除くと、展示の中心は意外や淡水がメイン。完全屋内型で、様々な体験メニューが設定されているなど、観光地にある観光客向け施設な印象が強い施設だった。だからか、料金も高め(水族館のみでAED210、約6200円)。
LY5A9415.jpg
でも、大水槽を始め、入館しないでも見られる水槽も多い反面、入館しても日本で見られないものは少ない。入館料の高さもあり、再びドバイに行く機会があったとしても、オレは無料見学のみで済ます気がする。

そしてもうひとつ。ヤシの木型の埋め立て地、パームジュメイラにあるロストチェンバー水族館。
パームジュメイラの突端みたいな場所に立つ高級リゾート、アトランティス・ザ・パームの中にある水族館で、伝説の古代都市、アトランティスをテーマにした世界観で統一された水族館。
LY5A8612.jpg
海外ならではの“変わり種水族館”なのだろうと、ちょっとした偏見を抱きつつ行ってみると、とにかく水槽が綺麗で驚かされた。さらに、日本の水族館では見られない種類の魚が多く、想像以上に楽しめてしまった。
魚好きにはもちろん、水槽の綺麗さはぼんやり眺めるにもピッタリだが、やはり観光客が多い施設なので、あんまりゆっくりという感じではないかも知れない!?
施設内にはイルカやオットセイのショーをしている屋外スペースもあるようで、さらにはウォーターパーク(プール)にはサメの水槽を通り抜けるウォータースライダーもあるらしいのだけど、オレは行ってない。値段もそれなりにするのでね(汗)

ドバイには他にも、ドルフィナリウムというイルカショーが見られる施設と、グリーンプラネットという熱帯雨林を再現した屋内温室施設が水族館に相当する施設。
ドルフィナリウムの屋内のショースタジアムでショーを披露するイルカたちは、太地から連れてきたもだとか。また、そこにはオットセイもいるらしい。
行ってみようか迷ったけれど、料金が高いらしく、また、太地産のバンドウイルカは当然、見たことがあるもの。という訳でパス。

もう一方のグリーンプラネットは、アマゾンの水槽があるようで、行くつもりでタクシーに乗ったら、「知らない」と言われ、別のタクシーを捕まえるも、またしても「知らない」と。タクシーしか交通手段がない中、運転手が知らない場所に外国人のオレが行けるはずもなく、諦めざるを得ず断念した。

水族館はもうひとつ。UAEの構成国のひとつ、シャルジャにあるシャルジャ水族館。
LY5A8967.jpg
ドバイの隣の首長国なので厳密にはドバイではないけれど、ドバイ空港などがあるディラ周辺エリアからならタクシーで15分くらいの場所にあって、彼の地で水族館巡りをするなら簡単に行ける。
ドバイ水族館やロストチェンバー水族館に比べると、アトラクション感が薄く、正統派? 水族館な印象。ゴミ問題に関する展示があったりと、もっとも教育的。
LY5A9127.jpg
トンネルのある大水槽を中心に、水槽数はそれほど多くはないけれど、やはりピカピカに磨き上げられた綺麗な水槽と、日本では見慣れない魚も多く、ドバイモールやアトランティスほど混んでないことも手伝って、こちらもとても楽しめた。
料金も3施設中ではもっとも安く、隣接した博物館もセットで見学できる。

ドバイは夏場の昼間の温度が50℃を超えることもあってか、日が落ちた後に活動する人が多いらしく、昼間、特に午前中は人が少ない。
つまり、水族館に行くなら、その時間帯が狙い目。特にアトランティスは水槽に自然光が入るので、大水槽の綺麗さを堪能するならなるべく早い時間に行くのがオススメ。
どの施設も夜22時くらいまでと、遅くまでやっているので、ハシゴもしやすいし、ドバイモールやシャルジャ水族館は自然光が関係ないので、敢えて遅い時間に行くのもアリかも知れない。
なお、UAEは金、土が週末となるらしく、土曜の午後は混む。日本で言うところの日曜の午後。
ドバイ水族館に行ったのがまさにその曜日、その時間帯だったので、かなりの混雑だった。普段なら水族館には近づきもしない曜日時間帯だったことを考えれば仕方ないが、ゆっくりじっくり水族館を楽しみたい人は、土曜日の午後は避けた方が良さそうだ。
金土が週末となるのは、礼拝の関係らしい。だからなのか、シャルジャ水族館は金曜のオープンが16時からとなるそうだ。

個人的な評価としては、ロストチェンバー水族館>>>シャルジャ水族館>>ドバイ水族館な感じ。
行くまではシャルジャ、ロストチェンバー、ドバイモールの順になるかと思っていたのだけど、ロストチェンバー水族館の想像以上の素晴らしさは大きな収穫だった。

日本では見られない魚にも沢山遭遇できたし、久しぶりに水族館で大興奮することができた。
やっぱりたまには目先を変えて? 他所の国の水族館を見てみるのも楽しいものだね。あらためてそう思わされた。
nice!(0)  コメント(0) 

シーライフ名古屋の気になるエイ(板鰓類) [エイ]

先週のブログでも書いた通り、シーライフ名古屋まで出掛けたのは“ここでしか見られないエイ”を見るため。
シーライフ名古屋では8種類のエイが展示されているが、そのすべてがスティングレイ・ベイというエイたちが主役の水槽にいる。
初めて行った時にも、この水槽にはツカエイとオーストラリア産のウシバナトビエイ(R.neglecta)という、他所の施設では見られない珍しいエイがいたが、1年半ぶりに見るスティングレイ・ベイ水槽は、それらのエイが大きくなっていただけでなく、かつてはいなかった多くのエイがひしめく賑やかな水槽になっていた。
LY5A7987.jpg
Rhinoptera neglecta オーストラリア産ウシバナトビエイ
LY5A7973.jpg
ツカエイ

以前からいた上記2種とリーフスティングレイ以外に、アカエイとカラスエイ、ヒョウモンオトメエイとオジロエイが追加されていて、それほど大きくない水槽はまさにエイだらけ。リーフスティングレイはこの水槽で殖えてもいるらしく、バックヤードツアーでは水槽産まれの幼魚たちも見ることができた。

今回の目的は、そのヒョウモンオトメエイとオジロエイ。
ヒョウモンオトメエイ? 見られる水族館、沢山あるだろ!? と思うだろう。
確かに、ヒョウモンオトメエイはあちこちの水族館で展示されている。でも、それはHimantura uarnakのこと。
シーライフ名古屋には2匹のヒョウモンオトメエイがいて、その内の1匹は他所の水族館でも見られるH.uarnak。しかし、そのもう1匹こそ、日本で唯一、シーライフ名古屋だけで見られるエイのひとつであるH.australisという種類なのだ。
LY5A7937.jpg
“一般的な”ヒョウモンオトメエイと比べると、柄が細かく、例えていうなら、ヒョウとチーターの差、みたいな感じ? 隙間なく柄が密に入るuarnak種と比べると、そこまで派手ではないような印象だ。
ただ、見た目で明らかに“見たことない”ヒョウモンオトメエイだということが分かるし、見やすい位置にも来てくれるので、エイ好きなら確かな満足感が得られるはずだ。

そしてもうひとつの珍エイがオジロエイ。
LY5A7977.jpg
その名の通り、尾が途中から白くなっているのが特徴のエイ。
ごくごく標準的なエイらしい色、形をしているが、そこから伸びた白い尾が“変わってる”感を醸し出している。
かつて、本に載った写真を見たことがあったけれど、尾が白いことなんて、実物を見て初めて知った。
日本近海にはいない種類なので、見られるのはシーライフ名古屋いる1匹だけという、これまた大変珍しい種類だ。
姿形もエイらしいが、性質もいかにもエイらしい陽気さで、見えやすい位置に出てきてくれるだけでなく、よく動き回るので見ていても楽しい。

よく動くエイたちは、見えやすい位置にもひっきりなしに来てくれるのだけど、床から立ち上がった水槽なので、エイたちがいるのは床とほぼ同じ高さ。
珍しいエイたちをじっくり見ようと思うと、必然的に水槽前にしゃがむ必要がある。
そして、水槽上部はオープンになっているので、人が水槽に近づくと、ウシバナトビエイとカラスエイが集まってきて水面付近でバシャバシャやるものだから、結構水が飛んでくる。
その飛んだ海水が滴った跡、新しい水滴、そして沢山のエイたちがひっきりなしに砂を掻きまわすので濁りもそこそこ。さらに水槽のアクリルはラウンドしている。
そして、エイがいるのは床と面位置。
つまり、かなり写真は撮りにくい。

今回このブログのタイトルが気になるエイだけでなく、板鰓類とカッコ書きしてるのは、サメの話もしたいから。
上記のエイと同じく、オーストラリアからやってきた、日本でここだけのオグロメジロザメがいたから。
LY5A8031.jpg
実はこのオグロメジロザメ、お隣、レゴランドのアトラクションで以前から展示されていたそうで、サメを見るためだけにレゴランドに入園したという強者もいたらしい。
でも、この2匹がシーライフへと移動になったことで、オグロメジロザメに会いたいだけのサメファンがレゴランドに入園する必要がなくなったという訳だ。
ちなみにオレは、アトラクションにオグロがいることは知っていたけれど、シーライフに移動していたことを知らず、何ともラッキーな遭遇となった。

オグロメジロザメは、TVや動画などで海外の海中が映るような場面では、必ずと言っていいくらいに登場する種類で、メジロザメ類としては生きた姿を(映像などで)目にする機会は多いのだけど、日本近海に生息していないからなのだろう。日本の水族館では稀種で、10年くらい前にしながわ水族館で展示されていた以来。

吻、というか、口から先の頭部が長いような印象の顔つきは、同居のツマグロとはまるで違っていて興味深い。

オグロメジロザメに、エイが4種類。日本でここだけの板鰓類が5種類。その手の魚が好きな人なら、それだけで行く理由になる、ではないだろうか?
nice!(0)  コメント(4) 

シーライフ名古屋、再び [水族館インプレッション]

2018年4月のオープン時には、何かと話題になったレゴランド併設の水族館、シーライフ名古屋。
オープンから1年以上が経過し、水族館好きの“行った報告”も見聞きするようになった。

そんな中、しばしば聞こえてくるのが、珍しいエイがいる、という話。
オレが行った時にも、ツカエイとオーストラリア産のウシバナトビエイという、他にはいない種類がいたが、どうもそれらのことではないらしく、それなら確認しに行かなくちゃならないだろう!! と、オープン以来のシーライフ名古屋へ。
LY5A7950.jpg
前回行ったのは、厳密にはオープンしていないプレオープンの時。
その時にはまだ水しか入っていない水槽も多く、水族館としてはまだ未完成の状態。
そういう意味では、オープン後は初めて。
初めての時は、独自路線に違和感があったことばかりが印象として残っていたのだけど、1年半ぶりくらいに見るシーライフ名古屋は、オレの記憶にあったものと比べると、ずっと“生きてる”感じがあった。
それこそ、水しか入っていなかった水槽に生き物が入って泳いでいたのだからね。
そんな初めて見る水槽を見ていると、前回の違和感もいい方向に影響したのだろう。意外な発見があったりして、考えていた以上に楽しめた。
例えば、ヘコアユの水槽にはヨロイウオが2匹以上はいた、とか。
LY5A7878.jpg
入館時、薦められるがままにバックヤードツアーにも申し込み、行ってみた。
大水槽を上から見るだけのものではあったのだけど、プラ素材のろ材とか餌(人工飼料)は世界各地にあるシーライフと共通のものを使っている、とか、海水は人工海水で、それもシーライフオリジナルの世界共通スペックのものである、などの話を聞けたことは収穫だった。
LY5A7955.jpg
日本にあっても、外国の水族館であることを貫きます!! みたいな心意気? を感じさせられたような気がした。
LY5A7956.jpg
大水槽の魚たちにあげてください、と、参加者に餌が手渡されたが、オリジナルのフードのどれか。モイスト状のペレットで、臭いはそれほど強くなかった。

なお、レゴランドと併設なのはシーライフの標準ではなく、世界でも数か所にしかないらしく、むしろ水槽にレゴが入っていることの方が珍しいのだとか。
LY5A7860.jpg

子供が主役の施設だからか、館内にいるスタッフ氏はフレンドリーで、オッサンのオレにも積極的に声を掛けてきてくれる。
聞きたいことがある場合は、聞きやすい。
シーライフ名古屋で他に水族館では見られないような珍種がいる理由は、展示される魚の多くがオーストラリアからやってきているからなのだけど、あの魚もオーストラリアから? みたいなことを聞いていたら、いつしか話は水族館業界トークみたいな内容になり、初対面のオレにそんなことまで聞かせてくれちゃっていいの? みたいに発展。
シーライフ名古屋に詳しくなったような気になったし、正直、楽しかった。

気になるオーストラリア産の生き物は、世界各地にあるシーライフに展示生物の供給を行う独自の施設があるそうで、そこから来ているのだそうだ。
その独自の供給ルートは、日本ではここでしか見られないものがいたりするシーライフのマニアックさの理由にもなっている。
だが、シーライフ名古屋で展示されている生き物のすべてがそこから来ている訳ではなく、国内調達したものもいるとのこと。

エイだけ見られればいいや、くらいのつもりで出掛けたのに、すっかり楽しんでしまった。
もう少し近ければ、定期的に足を運んでもいいかも、と思ったくらい。
それこそ、珍しい魚もいるしね。
という訳で、来週はその珍しいエイの話。
nice!(0)  コメント(0) 

沖縄美ら海水族館の気になる魚 Vol.10 [海の魚]

ヒメイトマキエイを目的に出掛けた美ら海水族館では、オニキホウボウというトンデモ級の珍魚に遭遇するという超ラッキーに恵まれたが、個人的にはもうひとつ見てみたい魚が。
昨年夏、オレが行った直後くらいに搬入された見たことない魚、ワキグロアカフエダイだ。
今回、ヒメイトマキエイに次ぐ目的で、見るのを楽しみにしていたのだけど、その姿を探すも、どこにもその姿がない。
顔見知りのスタッフ氏を見掛けたので聞いてみると、バックヤードに下げた、とのこと。

一般受けしなさそうな魚だし、早く行かないとまたバックヤードに…… みたいな気はしていたのだけど……
かつてアカメモドキが展示された時も、同じ経験をしていて、その時の残念さが蘇ってくるようで…… 
まぁ、仕方ない。気を取り直して? ワキグロアカフエダイと同じ時期に展示が開始されたというイシフエダイを見て納得しよう!!
LY5A9911.jpg
いかにも“小魚食います!!”みたいな厳つい顔をしたイシフエダイ。

見るのは初めてではないけれど、これが2度め。水族館ではなかなか見られない魚だ。
サンゴの水槽、熱帯魚の水槽にそれぞれ1匹ずついる。
同種間で激しく争うらしく、同じ水槽で複数匹を展示できないのだそうだ。
サンゴの水槽の中では体も大きく、目立つ位置を悠々と泳いでいるので見つけやすい。
茶色とも青ともつかない体色をじっくり観察したいなら、サンゴ水槽がオススメだ。

そのサンゴ水槽では、美ら海水族館では久しぶりとなるユウゼンの姿があった。
LY5A8005.jpg
ユウゼンは日本固有のチョウチョウウオだが、小笠原のイメージが強い魚でもある。
葛西臨海水族園に行くといつもいるので、都民のオレにはさほど珍しいものには感じてなかったのだけど…… このユウゼン、小笠原産ではなく、沖縄県産だったのだ!!
大東諸島産なのだという。
沖縄の東端に浮かぶ大東島周辺には、ユウゼンもいるのだそうだ。
絶海の島という共通点を持つ両諸島だからか、周辺の生物相も似ているような印象だ。

大東諸島は沖縄本島から400㎞ほど離れていることもあり、そこの魚は美ら海水族館でも珍しいらしい。
館内で会った顔見知りの2人の飼育スタッフ氏に、見ました? と言われるくらいだから、かなりのものなのだろう。

そんな大東諸島からやってきた、美ら海水族館では珍しいらしいチョウチョウウオのひとつがレモンチョウチョウウオ。
LY5A9960.jpg
展示するのは初めてではないそうだが、かなり珍しいものらしい。
こんなチョウチョウウオ、見たことないぞ!! と思って写真を撮っていたところ、飼育スタッフ氏に声を掛けられ、珍しいものであることを教えてもらった。
全身鮮やかな黄色に包まれた体色が目を引くのはもちろんだが、チョウチョウウオにしては大柄で見栄えもする。
水族館に何匹いるのかは知らないが、展示に出ていたのは2匹だけ。そういう意味でも特別感?

同じ水槽にいたシテンチョウチョウウオも大東諸島からやってきたもの。
LY5A8009.jpg
こちらはイシフエダイがいるサンゴの水槽にもいたが、やはりこのチョウチョウウオも見たことがない気がする。
大きくて見栄えのするレモンチョウにばかり目が行ってしまいそうになるが、こちらも綺麗な魚だった。
ざっくりネット検索してみると、この魚も日本では小笠原で見られることが多いらしく、それが大東島からやってきたという事実が何だか腑に落ちた。

大東島からやってきた初めて見る魚はもう1種。
同じ水槽にいたイレズミゴンべ。
LY5A7930.jpg
ゴンべの仲間にしては大きく、しかも体高が低くまるでハタの仲間のような雰囲気。
ただ、動きはゴンべそのもので、比較的動き回るものの、いい位置を泳いでくれることはあまりなく、すぐに岩などに着底してしまう。
水槽の奥まったところが定位置のようで、姿は見えども、色や形がよく見えるという訳にはいかず、もうちょっと出てきてよ……
初めて見る魚で、なかなか見られない魚となれば、もっとよく見たいと思うものだが、そんな思いには応えてくれず……
次の機会には、数少ないチャンスを確実にモノにできるよう、頑張りたいと思います!!

大東島からやってきた珍しい魚たちを眺めていると、大東島に行ってみたい!! という思いがふつふつと。
それらが住まう海がどんなものか、見てみたい、と思ったのだ。
とは言え、大東島に行ったとしても、ダイビングをする訳でもなければ、そもそもこれらの魚がわんさかいる訳でもないのだろうから、行けば会えるという訳でもないのだろうけど……
nice!(0)  コメント(2) 

沖縄美ら海水族館の気になる深海生物 [海の魚]

昨年12月に行った美ら海水族館には、ヒメイトマキエイが目的だった訳だけれど、行く直前、とんでもないニュースが飛び込んできた。

「オニキホウボウ」を展示しました、と。

待ち望んでいた対象ではないし、正直、好みのタイプでもない。
でも、それが凄いことであることくらいはよく知ってる。深海生物にそれほど興味のないオレでも名前だけで姿形が思い浮かぶくらいの魚だから。
これはとんでもないラッキーに違いない!! と、しっかり見てきた。
LY5A8119.jpg
標本では見たことがあったが、初めて見る生きた姿はそれまで抱いていたイメージを覆してくれた。
縁がギザギザした体が赤みがかった体色は想像通り。でも、ヒレのモザイク状の模様は“こんな柄があるんだ!!”と驚かせてくれた。
液浸標本に感じた気味悪さはなく、むしろ目がクリっとしていて可愛らしい。
平たくて棘だらけの体は、どことなくプレコの仲間を連想させるようで、やっぱり生きてると違うものだなぁ…… と実感させられた。
LY5A8160.jpg
水槽は結構明るくて、その姿がとても見やすかったのも有難い。
ほとんど動かないけれど、目が結構動くので、ちゃんと生きてることが分かる(笑)
何度も見に行ったお陰で、砂の上を滑るように動く様子も何度か見られた。

動画


生きた姿が目の前にいること自体も十分以上の驚きなのだけど、それ以上に驚いたのが、この個体がROV(無人潜水艇)のロボットアームによって捕獲されたということ。
ロボットアームは多少の力加減はできるそうだが、オニキホウボウの体が硬いことと、体の縁のギザギザがうまい具合にアームに引っ掛かったことで、握り潰されることなく捕獲できたのでは、と、立ち話した顔見知りの飼育スタッフ氏。
とは言え、そのスタッフ氏も、あの捕獲方法には驚いたそうで、“あんな方法で獲れるなんて!!”と、オレの驚きに大いに賛同してくれた。

なお、その捕獲時の様子は、オニキホウボウがいる水槽上部の壁に投影され、その様子も見ることができる。

オニキホウボウに限らず、ここ数年、美ら海水族館の深海エリアはとんでもなくスゴイ!!
いつ行っても、“見たことのない何か”に遭遇できる。
しかもそれらは、深海の住人だから、見た目からして珍しく、誰が見ても“これはスゴイ!!”みたいなものがずらりと並んでいる。

中でも、最近新種記載されたチュラウミカワリイソギンチャクは反響も大きかったらしい。
LY5A9892.jpg
何でも、長らく水族館のバックヤードにいた正体不明のイソギンチャクが実は未記載種で、新たに新種として記載されたことで注目を集めた。
呼称に“美ら海”の名前が入っていたことも、話題に影響していそうな印象だ。
マスコミは“新種”という言葉が大好きだ。しかもそれが長らく水族館のバックヤードにいたなど、しまい込まれていたものが実はお宝でした的な、いかにもマスコミ受けしそうなエピソードまであったこともよかったのだろう。
とは言え、深海のイソギンチャクみたいな、産業の対象(金)にならない生き物なんて、研究が進んでいないどころか、正体すら知られていないものも多く、恐らく、そのほとんどは未記載種、つまり“新種”だ。
美ら海水族館に限らず、深海生物の展示に力を入れている施設に行けば、そんな“未知の新種”に出会える機会もあるだろう。
そんな水族館では“新種”はそれほど特別なことではないような気がするのだけど……
まぁ、深海の生物の生きた姿が見られることは、十分特別なことではあるけれど。

白くヒラヒラした感じが綺麗なチュラウミカワリイソギンチャク以外にも、インパクトある見た目の深海生物は他にもいろいろいたのだけど、無脊椎動物に対する興味、関心が薄いオレにはその価値が今ひとつ伝わらず……
LY5A9883.jpg
気になる人は沖縄まで。深海生物好きなら、多少無理して行ったとしても、後悔はしないはず。

最後に魚をもう1種。
深海コーナーの最初の水槽。深海魚というか、やや深場に住まう魚たちが泳ぐ水槽。
美ら海水族館でも、個人的に好きな水槽のひとつでもある。
そこを泳ぐ魚たちを眺めていると、何やら見慣れない魚が。
LY5A8135.jpg
深海コーナーで展示されている魚には、似たような種類も多く、深場のハナダイ類とか、個人的に違いや価値が分からないグループだと見過ごしてしまうこともよくあるのだけど、この水槽のこの魚は運よく? 気が付くことができた。
さて、キミは誰だ? 魚名板も出ていない。
そこで、水族館HPの生き物図鑑を見てみると、いた!!
キンメヒメダイだそうである。

この写真では本来の体色も、名前の由来の金目も分からないが、とりあえず初めて見る魚であることは間違いない。
しかもそれが、オレでもある程度分かる種類、だったりすると嬉しさが倍増する。

しかし、美ら海水族館の深海コーナー、凄いな。
次は何が見られるだろうか。
とりあえず、このキンメヒメダイをちゃんと撮ることもだけど、次に行く時がこれまで以上に楽しみだ。
nice!(0)  コメント(2) 

カズハゴンドウ@太地町立くじらの博物館 [鯨類]

2019年、水族館で見られたものの中でのベストと言えば、やはり葛西のアオザメだ。
生きた姿が見たいと、ずっと待ち望んでいた“夢の魚”だったから。
ヒメイトマキエイやゾウギンザメを見られたのも貴重な経験だった。これらはアオザメみたいな“待ち望んでいた”対象ではなかったけれど、その生きた姿を見ることができたのは、やはり強烈なラッキーだった。

魚は上記3種がベスト3だが、魚以外なら太地のカズハゴンドウ以外はあり得ない!!
LY5A0873.jpg

昨年の初め頃だっただろうか。
くじら博物館でカズハゴンドウを見たというTwitter投稿を目にしたのは。
公式アナウンスがなかったため、詳細な時期は不明だが、どうやら搬入されたのもその頃だった模様。
つまり、またまた“太地でしか見られない、見たことのない鯨類”が増えたということ。
太地くじらの博物館は個人的にも好きな施設のひとつだが、行きにくいんだよなぁ……

余談だが、カズハゴンドウは2017年に新たに漁獲対象種となり、同時に対象となったシワハイルカも同時期にくじら博物館に搬入されているらしい。これにより、くじら博物館では漁獲可能な9種すべてを所有。鯨類の展示種類数の多さは日本最多だ。
ただ、オレが行った昨年10月末の時点では、シワハイルカは展示に出ていなかった。

目的のカズハゴンドウはというと……
LY5A0655.jpg
ショープール脇のプールに1頭、マリナリウムに1頭。2頭が展示されていた。
それぞれ別種のイルカと混泳していたが、あまり大きな種類ではないようで、サイズ的には同居のスジイルカなどと大差ないサイズ感。
餌を持ったトレーナーには嬉しそうに? 近寄って行っていたので、慣れないという訳ではないようだが、同じプールに暮らす他のイルカがアクリル越しにお客に近寄ってきたりするのに比べると、どちらの個体も近寄ってきてくれることはなく、チラリとこちらの方を見るくらい。種としての性質なのか、個体の性格なのかは分からないけれど……
LY5A1062.jpg
それでもずっとその場にいたからか、何となく近寄ってきてくれたが、遊んでくれるというほどではなかった。

カズハゴンドウというと、ユメゴンドウと見間違うほど似ていると言われているが、確かによく似ていた。
幸運なことに、オレはどちらの種類も見ることができたけれど、大きさや黒い体もよく似ていて、正直、それがカズハゴンドウだと分かっていなければ、間違えてしまうかも知れない。
でも、両者の区別のポイントだという頭部の形状は、思っていたほど似てなくて、カズハゴンドウの方がずっと尖っているような印象。
LY5A0961.jpg
多分、見慣れればすぐに分かるようになると思うが、問題はそれぞれがウチから遠い水族館にしかいないこと。
沖縄海洋博公園にいるユメゴンドウは既に何度か見ているものの、太地にしかいないカズハゴンドウを見慣れるほど見るのは簡単ではない。

それにしても、カズハゴンドウといいユメゴンドウといい、珍しい種類の鯨類を水族館で簡単に見られることはラッキー以外の何物でもない!!
貴重な機会に感謝したいと思う。
カズハゴンドウを見たことで、オレが日本の水族館で見た鯨類は18種類になった。日本の水族館、凄い!!

動画


今回の太地、初めてだったのはカズハゴンドウだけではなかったようだ。

圧倒的に鯨類のイメージで、少しだけいる魚の印象はものすごく薄い太地くじらの博物館だけれど、今回珍しく、気になる魚が。
それがこのヒダウツボ。多分、見たのは初めてだと思う。
LY5A0741.jpg
チョコレート色の体色と、そこそこのサイズ感、しかもなかなかのイケメンと、目を引く要素が揃っており、イルカたちに集中していた中でも“おっ!? こんなウツボ、見たことないぞ”と、その姿が印象に残った。


今回の太地は、着いて早々、カメラにトラブルが出てしまい、絶望的な気分になっていたのだけど、そんな中でも良くないながら何とか記録を残すことができて、ひとまずホッとしている。

これはもう1度行けという暗示なのか!? 

また太地!? 遠いんだよなぁ……
nice!(0)  コメント(2) 

お姫さまのお成り@沖縄美ら海水族館 [エイ]

ヒメイトマキエイを見に行ってきた。
LY5A0054.jpg

例によって? 輸送や飼育が難しく、これまでなかなか実現しなかった展示がようやく実現した。
捕獲後の畜養や輸送方法、餌付けの方法などに工夫を重ねたことで、水槽での安定した飼育に成功。
文字にするとたった50文字ほど。しかし、そこに至るまでに多くの苦労を伴っていることは言うまでもなく、そのお陰でまた、未知の珍魚の生きた姿を見ることができた。
公式発表されたのは10月に入ってからだったが、水槽に搬入されたのはそれより2ヵ月ほど前だったらしい。つまり、現時点で既に4ヵ月ほど展示されており、そこからも色々うまくいっていることが分かるだろう。

美ら海水族館へは昨年12月にもMobula属の最大種、オニイトマキエイを見るため出掛けたが、その1年後、今度は最小種に会うために足を運ぶことになるなんて、何だか運命的!?(笑)
でも、搬入後すぐに駆け付けたオニイトマキエイの時と違って、今回は4ヵ月も経ってから。実物を見た今となっては、もっと早く見ておけばよかったと少し後悔。
想像していたものとは違っていて、大きな驚きもあったから。

初めて水槽を泳ぐヒメイトマキエイを見て思ったこと。

“小さい!!”

とにかく小さくて、2匹いる内の小さい方は体盤幅1mくらいのサイズ感。
LY5A9974.jpg
あの大きな水槽ではすぐにその姿を見失ってしまうくらいに小さい。でも、その小ささがまるでおもちゃみたいで、何とも可愛らしい。
ヒメイトマキエイは日本近海に生息するイトマキエイ属の最小種だが、だからといってここまで小さい訳じゃない!!
成長すれば2m程度にはなるらしいので、展示個体も倍くらいには成長するようだ。
2m!! デカいじゃん!! と思うかも知れないが、ナンヨウマンタなら産まれた直後でもほぼその大きさ。そう考えると、小さいのかも? みたいな気がしてこないだろうか?

それはともかく。

形は思った通り、イトマキエイによく似ていた。でも、目がもっとパッチリしているようで、それも可愛く見える要因かも知れない。
LY5A9989.jpg
イトマキエイはいつも頭鰭をしっかり巻いて泳いでいたような印象があるが、ヒメは時々ダラリとすることもあったり、イトマキエイがよくやる“バンザイ”(左右のヒレを上に向けて漂うような泳ぎ方)はほとんどやらない。
この辺りは個体のクセや好みもあるだろうから、一概には言えないけれど、やっぱり違う種類なんだなぁ、と実感させてくれる。
最大の違い? は、体色だ。
体表に艶があるというのか、光を反射してちょっとメタリックに光る。イトマキエイはこんなにピカピカしていない。
LY5A8148.jpg
そして、その体色も上から見るとちょっと赤みがかっているような印象だったのも意外だった。

これがヒメイトマキエイなのか~!! と、その美しさに浸っていると、知ってる飼育スタッフ氏に、

“餌食べるところを是非、見てみて欲しい”

イトマキエイと同じ感じじゃないの? とか思いつつも、わざわざそんなことを言ってきてくれるくらいだから、何か違うのかな? くらいの感じで給餌の時間を迎えると……

何これ!! スゴイ!!

結論から先に言おう。ヒメイトマキエイを見に美ら海水族館まで行く人は、その摂餌シーンは絶対に見るべき。
イトマキエイともマンタとも違う、ヒメならではの食べ方を見せてくれたから。

餌が投げ込まれると、その塊に向かって突進するというのがその食べ方。
文字の説明では、他種と変わらないのだけど、餌に向かって突進する時の加速がまるで違う。
イトマキエイやマンタが常識的な(想像できるくらいの)加速だとしたら、ヒメのそれは、まるで輪ゴムで弾いたみたいに、一気にダッシュする。
LY5A7916.jpg
それを水面でやるものだから、下から見上げていると、水面に石を投げる水切りみたい。
マンタやイトマキエイが見せるその場でグルグル回りながらの摂餌は見せず、ひたすら急加速で餌に突っ込んでいく。
でも、時々、餌の位置とちょっとずれた場所に突っ込んだりと、それほど効率がいいようにも思えず、辺りには食べこぼしも多数。
それを覚えたマンタが、ヒメの後について泳いでいて、大きな口を開けてその食べこぼしをさらっていく。あらためて、マンタの学習能力の高さも垣間見えた。
一連の摂餌シーンを動画で撮ろうと思ったのだけど、遠さ、速さの2つに阻まれ、ロクなのが撮れず断念。

ただ難点があって、この摂餌シーン、少々見にくいのだ。
ヒメの給餌は、大水槽の正面、奥側で行われる。正面のアクリルパネルのちょうど対面の位置。直線で27m離れた場所なので、正面からはほぼ見えない。
もっとも見えやすいのは、2Fの美ら海シアター。その次が水槽横カフェ、オーシャンブルーの指定席1番かなぁ? 1番席は強いて言えば、のレベルだけど……

是非、実際に見に行って驚いてみて欲しい。
少なくとも、摂餌シーンのインパクトは、オニイトマキエイよりもスゴイから!!
nice!(0)  コメント(2) 

福井県海浜自然センター 「ふしぎな水槽」餌やり体験 [水槽]

福井県自然海浜センターに入館するとすぐ、目の前にある「ふしぎな水槽」。
この施設では、もっとも大きい級の水槽である。
水槽側面のアクリルにはポケットが開いていて、水面よりずっと下にあるポケットから水が溢れないことで“ふしぎ”の名が付いた水槽だ。
LY5A9106.jpg
水槽上部が陰圧とされることで、見た目の水面よりも下にあるポケットから水が溢れない仕掛けだが、水族館巡らー的には“ここにもあるのね”くらいな感じだろうか?
とは言え、個人的にはいつも思う。こういう水槽(がある施設)で停電したら、盛大に水が溢れたりするんだろうなぁ…… って。

まぁ、それはいい。

こういうポケット付き水槽では、魚に触れたり、餌を与えたりできるのだけど、海浜自然センターでも餌やりができる。
水槽の中にはイシダイとかフグとかアナゴとか、強力な歯を持った魚が沢山入っているので、手を入れる気にはならないが(間違っても入れないようにね!!)、餌やりくらいはやっておこう。見学するのに1円も支払っていないのだからね。

餌やりをしたい旨を受付で伝えると、入り口の脇にある冷蔵ケースを案内された。
扉を開けると、ガチャガチャが入っていて、お金を入れて回すと餌の入ったカプセルが出てくる。
冷蔵庫の中にあるガチャガチャは日本でここだけだと受付のおばちゃんに自慢された。
日本で唯一の冷蔵ケース内のガチャガチャ機。

スゴイ!! ……のかなぁ!?

餌はわざわざ冷蔵庫に入れられてるくらいだからして当然、生もの。
カプセルには生のオキアミが入っていて、それと冷蔵ケースの脇に置いてある菜箸を手に、水槽ポケットへ。

餌がもらえることをよく知ってる魚たちが群がってくるが、ポケットを取り囲むのはメジナとイシダイ。
動きも素早く、とりわけイシダイは他の魚を追い散らしながら、ポケット前を独占しようとする。
水槽で餌やりを楽しむ子供たちは、集まってくるこれらの魚に食べさせるので、それなりに多くの餌にありつけている。
そんな様子を見ると、イシダイやメジナたち以外の魚に食べさせたくなってくる。
動きが素早く、かつ、周りの魚を蹴散らすように集まるイシダイをどうやって避けようか。

ポケットの位置を変えてみても、人の動きに合わせて勢いよく付いてくる。
う~ん、こいつは結構難敵だそ。
でも、よくよく観察していると、ポケットの前で陣取ってはいるが、中には入ってこない。
他の魚をポケットの中まで誘導できれば、イシダイに餌を取られずに与えられるかも知れない。
という訳で、箸でしっかりつまんで、ポケットの中でオキアミをゆらゆら揺すってみる。
イシダイたちは、それを奪取しようと、ポケット前でピクピクしてるが、中には入ってこない。入ってきたくない理由があるのか、入れないのかは分からないが、ここなら安全だ。

すると、カサゴが入ってきた。ポケットの大きさに対して、それなりに大きなサイズだが、そこに入ってきて、オキアミをぱくりとやる。
LY5A9229.jpg
最初はイシダイから餌を守れたことに満足したが、次々にポケット内に入ってくるカサゴもポケット内を独占してることではイシダイと変わらない。
次はイシダイ、メジナ、カサゴ以外に与えてみよう!!

他のポケットで子供たちが餌やりを始めると、イシダイが一瞬いなくなるので、その隙にポケットの近くにいるメバルに与えてみる。
メバルはすぐに近寄ってくるが、ポケットには入ってこないし、動きが早くない。目の前で餌を放っても、イシダイに奪われてしまうこともあった。
お次はキハッソク。こいつは全然ダメ。餌に近寄っては来るが、目の前に放っても直線的にじわっと動くので、イシダイやメジナの機動力の前には太刀打ちできない。この水槽で餌にありつけているのだろうか?
イシダイがいない隙にタカノハダイがポケットに顔を突っ込んできたので餌を与えるが、イシダイが戻ってくると追い散らされてしまう。
LY5A9204.jpg

仕方ない。再び、ポケット内で餌をゆらゆら。
またカサゴが集まってきた… と思ったら、そこにドチザメ幼魚が突っ込んできた。
LY5A9222.jpg
ドチザメ、しかも小さな幼魚にも関わらず、周りの魚はお構いなし。猛烈な勢いでカサゴたちを押しのけ、ポケットから出てくるんじゃないかくらいの勢いで餌をねだりに来る。
という訳で、ドチザメはやってきてさえくれれば、他の魚に取られることなく食べさせられる。

ポケットを移動し、餌をゆらゆらしてると、今度はアオハタが入ってきた。
ポケットには頭しか入らないような、やや大きめの個体。
餌を目の前に落とすと、食べない。口を開けるので、そこに入れても、ペッと吐き出してしまう。
もうお分かりだろう。アオハタが用があったのは、オキアミではなく箸だということを。
求められれば応えなくては仕方がない。小笠原水産センターで身に着けたスキル? で、アオハタの口内&顔周辺をマッサージ。
LY5A9228.jpg
アオハタのハートをガッチリキャッチ!! こやつは餌よりこちらが好きらしい。
やり始めると、ずっとそこでうっとりしちゃうので、適当なところで切り上げたが、うまくできれば1日中これをやってられると思う。

投げ入れるのに比べると、箸を介してだけど、魚と直接やり取りがあるし、特定の魚に与えようとすれば、それぞれの動きをじっくり観察する必要もある。
そして、餌を前にした魚たちの、種類ごとの個性みたいなものが見えやすいようにも思うし、ハタのマッサージもできる。
この水槽の餌やり、なかなか楽しいです!!
nice!(0)  コメント(2)