SSブログ

ロストチェンバー水族館の気になる魚 Vol.1 [海の魚]

今にして思えば、ドバイ行きの最初のきっかけは、以前やらせてもらった水族館ブロガーイベントの打ち合わせの時、めnちがロストチェンバー水族館に行った時の画像を見せてくれたことだったのかも知れない。
そこに写っていたのは、見たことのない魚の姿。その時見た画像が、オレをドバイまで引き寄せたと言ってもいい。

その魚というのがダブル(トゥー)バーシーブリーム(Acanthopagrus bifasciatus)。
LY5A8554.jpg
独特な色、柄のタイ科クロダイ属の魚。
日本へは観賞魚として入ってくることもあるらしいが、オレは見たことがない。日本の水族館で飼育しているところはないのではないだろうか。
地元、ペルシャ湾を象徴する魚のひとつで、大小さまざまなサイズが沢山いた。
最初、ひと目見た時は、あっ!! あの魚!! と感動の対面だった訳だが、あまりの個体数の多さと、次から次へと現れる未知の魚の前に、かなり早い段階で、キミ、もういいや、になってた(笑)
でも、ロストチェンバー水族館で見るこの魚は、本当に綺麗だった。

ペルシャ湾にはタイやその近縁種が多いのか、複数種類の見たことないタイ科の魚を見ることができた。
中でもダブルバー以上に驚いたのがキングソルジャーブリーム(Argyrops spinifer)と思われる大型タイ。
LY5A9579.jpg
キリッ!! カメラ目線いただきました(笑)

著しく体高が高く、頭部から背中にかけてが著しく突出するというインパクトある見た目。
最初にその姿を見た時、あまりに特異な見た目に、奇形? と思ったくらいだ。
それが何匹もいるので、奇形の疑いは晴れたが、そのサイズの大きさといい、インパクト強いルックスといい、これまたものすごくカッコいい魚だと思った。

タイに近いところで、お次はフエフキダイ科。
アマミフエフキ? だろうか??
LY5A8773.jpg
フエフキダイと言えば、沖縄の魚として高い知名度を持つハマフエフキ(たまん)が有名だが、この魚が目の前を横切った時、咄嗟に“赤いたまんがいた!!”と叫んだ(心の中でよ)。
でも、たまんにしては体高が低く、何より体が赤い。これまで数多くのたまんを見てきたが、こんなに赤い個体は見たことがない。
そこで、アマミフエフキだろうという結論に至ったのだけど、アマミフエフキなら生きた姿を見た覚えがないし(覚えてないだけかもだけど)、何より、こんなに大きな個体は見たことがなく、強く印象に残ったのでここに並べる。

タイ、フエフキダイときたので、お次はフエダイ科。
ロストチェンバー水族館の大水槽、種類数もさることながら、個体数も多く、そして水槽も大きいから、違う窓を覗くと“こんなのもいたの!!”となることが多かった。

大きな群れを作って泳いでいたチカメタカサゴ(Pinjalo pinjalo)もまさにそれ。
LY5A8627.jpg
大きな群れ、しかも1匹1匹が大きいにも関わらず、その存在に気付かない(目の前の魚に集中し過ぎていたところもあるけれど)ことも、この水槽の巨大さならではだが、アクバー提督(@スターウォーズ)みたいな顔をしたこの魚も、初めて見たものだ。
日本に戻って調べると、和名があったが、日本にもいるの? 日本の水族館で出会った記憶はないのだけれど……
それ以前に、和名にある“タカサゴ”に違和感だ。タカサゴって言ったら、大きくても30㎝くらいの小魚のイメージ。しかしこの魚ときたら、70㎝はあろうかという巨体だったから。
まぁ、強いて言えば、ユメウメイロ(タカサゴ属)の老成個体にはちょっと似た感じあったけれど……
泳いでいたものは、中には赤っぽいものもいたが、ほとんどは黒っぽいグレー。でも、その大きさといい、顔つきといい、これまた強いインパクトを残した魚だった。

インパクトという点では、ストリークドスパインフット(Siganus javus)もたまらない。
LY5A8568.jpg
こいつはアイゴの仲間。もちろん、見たのは初めて。
黒っぽい体に、虫食い状の白い模様が密に入る色柄が、大きな水槽の中でも目を引いた。
独特な体色は綺麗だと思ったし、しかもこいつも結構大きい。50~60㎝くらいがアベレージサイズ。そんなのがゴロゴロいる…… のだけど、なかなかアクリルの近くに来てくれず、写真を撮るのには苦労した。

こんな感じで、見たことがない魚がゴロゴロしてる。
しかも、ひと目で見たことがないことが分かる、分かりやすい特徴、大きさを持った魚たち。
これはハァハァしない訳はないってもんだよね。
おまけにこうして、知らなかった魚たちの正体を探すという宿題も楽しめたから、ロストチェンバー水族館の大水槽はホント、大きな収穫が得られた。
なお、魚の同定は主にFishBaseを使った絵合わせによるもの。外してはないと思うけれど、正しい手順の同定ではないので、正確性はあくまで“その程度”。

水槽の透明度の高さに、遠く離れた魚にもピントが合うだろうと、構わず撮りまくってたが、やはり遠くにいる魚にばっちりピントは合わず、残念な写真も多数……
もう1度、撮りに行きたいなぁ……

という訳で、見たことない魚シリーズは来週も続きます!!
nice!(0)  コメント(2) 

沖縄美ら海水族館の気になる魚 Vol.10 [海の魚]

ヒメイトマキエイを目的に出掛けた美ら海水族館では、オニキホウボウというトンデモ級の珍魚に遭遇するという超ラッキーに恵まれたが、個人的にはもうひとつ見てみたい魚が。
昨年夏、オレが行った直後くらいに搬入された見たことない魚、ワキグロアカフエダイだ。
今回、ヒメイトマキエイに次ぐ目的で、見るのを楽しみにしていたのだけど、その姿を探すも、どこにもその姿がない。
顔見知りのスタッフ氏を見掛けたので聞いてみると、バックヤードに下げた、とのこと。

一般受けしなさそうな魚だし、早く行かないとまたバックヤードに…… みたいな気はしていたのだけど……
かつてアカメモドキが展示された時も、同じ経験をしていて、その時の残念さが蘇ってくるようで…… 
まぁ、仕方ない。気を取り直して? ワキグロアカフエダイと同じ時期に展示が開始されたというイシフエダイを見て納得しよう!!
LY5A9911.jpg
いかにも“小魚食います!!”みたいな厳つい顔をしたイシフエダイ。

見るのは初めてではないけれど、これが2度め。水族館ではなかなか見られない魚だ。
サンゴの水槽、熱帯魚の水槽にそれぞれ1匹ずついる。
同種間で激しく争うらしく、同じ水槽で複数匹を展示できないのだそうだ。
サンゴの水槽の中では体も大きく、目立つ位置を悠々と泳いでいるので見つけやすい。
茶色とも青ともつかない体色をじっくり観察したいなら、サンゴ水槽がオススメだ。

そのサンゴ水槽では、美ら海水族館では久しぶりとなるユウゼンの姿があった。
LY5A8005.jpg
ユウゼンは日本固有のチョウチョウウオだが、小笠原のイメージが強い魚でもある。
葛西臨海水族園に行くといつもいるので、都民のオレにはさほど珍しいものには感じてなかったのだけど…… このユウゼン、小笠原産ではなく、沖縄県産だったのだ!!
大東諸島産なのだという。
沖縄の東端に浮かぶ大東島周辺には、ユウゼンもいるのだそうだ。
絶海の島という共通点を持つ両諸島だからか、周辺の生物相も似ているような印象だ。

大東諸島は沖縄本島から400㎞ほど離れていることもあり、そこの魚は美ら海水族館でも珍しいらしい。
館内で会った顔見知りの2人の飼育スタッフ氏に、見ました? と言われるくらいだから、かなりのものなのだろう。

そんな大東諸島からやってきた、美ら海水族館では珍しいらしいチョウチョウウオのひとつがレモンチョウチョウウオ。
LY5A9960.jpg
展示するのは初めてではないそうだが、かなり珍しいものらしい。
こんなチョウチョウウオ、見たことないぞ!! と思って写真を撮っていたところ、飼育スタッフ氏に声を掛けられ、珍しいものであることを教えてもらった。
全身鮮やかな黄色に包まれた体色が目を引くのはもちろんだが、チョウチョウウオにしては大柄で見栄えもする。
水族館に何匹いるのかは知らないが、展示に出ていたのは2匹だけ。そういう意味でも特別感?

同じ水槽にいたシテンチョウチョウウオも大東諸島からやってきたもの。
LY5A8009.jpg
こちらはイシフエダイがいるサンゴの水槽にもいたが、やはりこのチョウチョウウオも見たことがない気がする。
大きくて見栄えのするレモンチョウにばかり目が行ってしまいそうになるが、こちらも綺麗な魚だった。
ざっくりネット検索してみると、この魚も日本では小笠原で見られることが多いらしく、それが大東島からやってきたという事実が何だか腑に落ちた。

大東島からやってきた初めて見る魚はもう1種。
同じ水槽にいたイレズミゴンべ。
LY5A7930.jpg
ゴンべの仲間にしては大きく、しかも体高が低くまるでハタの仲間のような雰囲気。
ただ、動きはゴンべそのもので、比較的動き回るものの、いい位置を泳いでくれることはあまりなく、すぐに岩などに着底してしまう。
水槽の奥まったところが定位置のようで、姿は見えども、色や形がよく見えるという訳にはいかず、もうちょっと出てきてよ……
初めて見る魚で、なかなか見られない魚となれば、もっとよく見たいと思うものだが、そんな思いには応えてくれず……
次の機会には、数少ないチャンスを確実にモノにできるよう、頑張りたいと思います!!

大東島からやってきた珍しい魚たちを眺めていると、大東島に行ってみたい!! という思いがふつふつと。
それらが住まう海がどんなものか、見てみたい、と思ったのだ。
とは言え、大東島に行ったとしても、ダイビングをする訳でもなければ、そもそもこれらの魚がわんさかいる訳でもないのだろうから、行けば会えるという訳でもないのだろうけど……
nice!(0)  コメント(2) 

沖縄美ら海水族館の気になる深海生物 [海の魚]

昨年12月に行った美ら海水族館には、ヒメイトマキエイが目的だった訳だけれど、行く直前、とんでもないニュースが飛び込んできた。

「オニキホウボウ」を展示しました、と。

待ち望んでいた対象ではないし、正直、好みのタイプでもない。
でも、それが凄いことであることくらいはよく知ってる。深海生物にそれほど興味のないオレでも名前だけで姿形が思い浮かぶくらいの魚だから。
これはとんでもないラッキーに違いない!! と、しっかり見てきた。
LY5A8119.jpg
標本では見たことがあったが、初めて見る生きた姿はそれまで抱いていたイメージを覆してくれた。
縁がギザギザした体が赤みがかった体色は想像通り。でも、ヒレのモザイク状の模様は“こんな柄があるんだ!!”と驚かせてくれた。
液浸標本に感じた気味悪さはなく、むしろ目がクリっとしていて可愛らしい。
平たくて棘だらけの体は、どことなくプレコの仲間を連想させるようで、やっぱり生きてると違うものだなぁ…… と実感させられた。
LY5A8160.jpg
水槽は結構明るくて、その姿がとても見やすかったのも有難い。
ほとんど動かないけれど、目が結構動くので、ちゃんと生きてることが分かる(笑)
何度も見に行ったお陰で、砂の上を滑るように動く様子も何度か見られた。

動画


生きた姿が目の前にいること自体も十分以上の驚きなのだけど、それ以上に驚いたのが、この個体がROV(無人潜水艇)のロボットアームによって捕獲されたということ。
ロボットアームは多少の力加減はできるそうだが、オニキホウボウの体が硬いことと、体の縁のギザギザがうまい具合にアームに引っ掛かったことで、握り潰されることなく捕獲できたのでは、と、立ち話した顔見知りの飼育スタッフ氏。
とは言え、そのスタッフ氏も、あの捕獲方法には驚いたそうで、“あんな方法で獲れるなんて!!”と、オレの驚きに大いに賛同してくれた。

なお、その捕獲時の様子は、オニキホウボウがいる水槽上部の壁に投影され、その様子も見ることができる。

オニキホウボウに限らず、ここ数年、美ら海水族館の深海エリアはとんでもなくスゴイ!!
いつ行っても、“見たことのない何か”に遭遇できる。
しかもそれらは、深海の住人だから、見た目からして珍しく、誰が見ても“これはスゴイ!!”みたいなものがずらりと並んでいる。

中でも、最近新種記載されたチュラウミカワリイソギンチャクは反響も大きかったらしい。
LY5A9892.jpg
何でも、長らく水族館のバックヤードにいた正体不明のイソギンチャクが実は未記載種で、新たに新種として記載されたことで注目を集めた。
呼称に“美ら海”の名前が入っていたことも、話題に影響していそうな印象だ。
マスコミは“新種”という言葉が大好きだ。しかもそれが長らく水族館のバックヤードにいたなど、しまい込まれていたものが実はお宝でした的な、いかにもマスコミ受けしそうなエピソードまであったこともよかったのだろう。
とは言え、深海のイソギンチャクみたいな、産業の対象(金)にならない生き物なんて、研究が進んでいないどころか、正体すら知られていないものも多く、恐らく、そのほとんどは未記載種、つまり“新種”だ。
美ら海水族館に限らず、深海生物の展示に力を入れている施設に行けば、そんな“未知の新種”に出会える機会もあるだろう。
そんな水族館では“新種”はそれほど特別なことではないような気がするのだけど……
まぁ、深海の生物の生きた姿が見られることは、十分特別なことではあるけれど。

白くヒラヒラした感じが綺麗なチュラウミカワリイソギンチャク以外にも、インパクトある見た目の深海生物は他にもいろいろいたのだけど、無脊椎動物に対する興味、関心が薄いオレにはその価値が今ひとつ伝わらず……
LY5A9883.jpg
気になる人は沖縄まで。深海生物好きなら、多少無理して行ったとしても、後悔はしないはず。

最後に魚をもう1種。
深海コーナーの最初の水槽。深海魚というか、やや深場に住まう魚たちが泳ぐ水槽。
美ら海水族館でも、個人的に好きな水槽のひとつでもある。
そこを泳ぐ魚たちを眺めていると、何やら見慣れない魚が。
LY5A8135.jpg
深海コーナーで展示されている魚には、似たような種類も多く、深場のハナダイ類とか、個人的に違いや価値が分からないグループだと見過ごしてしまうこともよくあるのだけど、この水槽のこの魚は運よく? 気が付くことができた。
さて、キミは誰だ? 魚名板も出ていない。
そこで、水族館HPの生き物図鑑を見てみると、いた!!
キンメヒメダイだそうである。

この写真では本来の体色も、名前の由来の金目も分からないが、とりあえず初めて見る魚であることは間違いない。
しかもそれが、オレでもある程度分かる種類、だったりすると嬉しさが倍増する。

しかし、美ら海水族館の深海コーナー、凄いな。
次は何が見られるだろうか。
とりあえず、このキンメヒメダイをちゃんと撮ることもだけど、次に行く時がこれまで以上に楽しみだ。
nice!(0)  コメント(2) 

葛西臨海水族園の気になる魚 Vol.5 [海の魚]

降って沸いたアオザメの登場に盛り上がった葛西臨海水族園だけど、普段のオレにとっては、気が向いた時? などにふらりと足を運ぶ施設だったりする
ちょうど、カメラが修理から戻ってきたこともあって、その様子見も兼ねて、ふらりと。
そういえば、カメラがらみの新機材を最初に試すのも葛西であることが多い。

葛西臨海水族園で、お気に入りの水槽がジャイアントケルプの水槽だ。
特別に好きな何かがいる訳ではないけれど、自然光が入り、魚の色が綺麗に見えること、そしてその背景に本物の海藻が茂り、それらりい雰囲気なのがお気に入りの理由だ。

最近の葛西で気になっているのは、そこを泳ぐ1匹であるカリフォルニアシープヘッド。
LY5A7376.jpg
この水槽には2匹がいて、いずれもまだ若い個体。
なのに、写真の個体は雄相化、葛西風に言うなら、ターミナルフェイズ化している。
しかも、ご覧の通り、それが綺麗!!
このシープヘッド、コブダイと同属なので、成長したオスはコブダイの成熟雄のような姿になるのだけど、そんな状態にはほど遠いサイズながら、しっかり雄化している。
2匹のみの環境で、力関係がはっきりすれば、若くても性転換するのだろうか? とか、いつからいて、いつ体色が変化し始めたのか知らないとか、色々と気になっているのだけど、とりあえず綺麗なので葛西に行くと何カットか撮るお気に入りの1匹だ。
コブダイ的姿の大型オスはかつて、海遊館で見たことがあったけれど、色は葛西のものが断然綺麗!! あとはこのまま成長して、それらしい姿になってくれる日を楽しみにしている。

ケルプの水槽で気になるのはもう1種いて、ジャイアントケルプフィッシュという海藻の葉っぱみたいな魚。
LY5A7386.jpg
その名もずばり、ジャイアントケルプフィッシュだから、ジャイアントケルプの森で暮らす魚なのだろうけど、色や形はまさにケルプの葉っぱのよう。
葛西にいる個体ときたら、頑ななまでに? 水面にいて、いつ行っても見える位置にはいてくれない。
いつも水面にいるので、見上げればいることは分かる。でも、ちゃんと見えない。
ケルプの葉っぱは見えやすい位置にもあるというのに…… 他の魚がイヤなのだろうか?
いつか、ちゃんとその姿を見たい(撮りたい)気になる1匹だ。

ジャイアントつながりでもう1匹。最近、再登板となったジャイアントホークフィッシュ。
LY5A7647.jpg
2012年に期間限定で展示されていた世界最大のゴンべで、他魚との混泳が難しいという理由で前回は仮設の水槽で単独で展示。今回も単独での展示だ。
余談ながら、このブログでも再登板である。
日本の魚ではないし、葛西以外では海遊館で見たことがあるだけ(今でもいるのかは分からない)なので、水族館では珍しい魚なのだろうと思う。
ずっと単独で飼われているお陰で? 太り過ぎることなく綺麗な体型が維持されている。
今回の展示は、常設の水槽だから、期間限定ではないのかな?

ジャイアントホークフィッシュの再展示はTwitter、それも公式ではなく、行った人による投稿で知ったものだ。
オレのフォロワー界隈には、魚に関する変態(誉め言葉よ!!)が多くひしめいているようで、そういう人たちの発信によって、いち早く“重箱の隅”系な魚に遭遇できたり、見落とさずに済んだりする機会が得られている。ありがたい限り。
そんなTwitterで見掛けた珍魚? がヨロイウオ。
LY5A7654.jpg
ヘコアユに混じって展示されているらしいので、見てみた。
ヨロイウオなんて、正直、名前も知らなかった。
すぐに分かったけれど、好みのタイプではないこともあり、大きな感動が沸き起こる…… ということはなかったけれど、多分、初めて見たはず。
存在すら知らなかった魚を、生きた姿でその存在を知り、よく似たヘコアユと見比べることもできた。
これはもう、特別な体験と言っていいと思う。
オレと同じ体験をしたい人、あるいは、生きたヨロイウオが見てみたいという人は、ヘコアユが泳ぐ水槽にいるので、確認のほど。

最後の1匹は、ビブ。
LY5A9393.jpg
この魚の展示が開始されたのは夏頃のことだったと思うのだけど、何でこんな魚? と思ってしまうような、ある意味、葛西らしい珍魚だ(笑)
フランスダラとも呼ばれるらしい、タラの仲間。でも、小さくて寸詰まった体型。タラと聞いて思い浮かべる魚たちと比べると可愛らしい印象だ。

ところで、フランスでビブと言ったら、ムッシュビバンダム(ミシュランのキャラクター)のことだが、このフランスダラも何か関係があるんだろうか?
それはともかく、葛西では初展示だそうで、つまりは、日本初展示ということか!? もちろん、オレ自身は葛西以外では見たことがない。
こういう“訳の分からない”魚をしれっと展示してくれるのが葛西のいいところだよなぁ!! しかも見やすいし。
それはともかく、タラの仲間は好きなものが多い。このビブも、展示開始以来、何となく水槽を覗きに行くお気に入りがひとつとなっている。
nice!(0)  コメント(2) 

美ら海水族館の気になる魚 Vol.9 [海の魚]

夏休みシーズンも終盤となり、水族館の混雑もそろそろ落ち着いてくる頃だろうか?

6月末に行った美ら海水族館の話の続き。

美ら海水族館に行った時、とりわけ楽しみにしているのが深海コーナーだ。
ここ2~3年くらいは特にそんな印象があるのだけど、いつ行っても、何かしら見たことないものに遭遇できたり、珍しいものが見られたりと、特別な体験ができるからだ。
深海は文字通り、未知の世界。それだけに、その価値が分からない、気づかない、なんてことも多い。
しかし、今回(7月)は、久しぶりに見る(オレが知ってる)珍魚に遭遇できた。

1種類めはミハラハナダイ。
LY5A8505.jpg
個人的には見るのは初めてではないが、美ら海水族館では初めて見た。
眼が大きく、ずんぐりとした大きめサイズのハナダイということで、どことなくアカマツカサみたいな雰囲気の魚。
かつて下田海中水族館で見た時には、もっと赤い色の濃い体色だったように記憶していたが、美ら海水族館にいたものは比較的薄い色。
産地の違い? 個体差?
オレが行った時はまだ水槽に入って日が浅いのか、隠れがちであまり泳いではくれなかったが、次に見る時には、泳ぎ回っている姿を見せてくれることだろう。

同じ水槽にいたヒシダイも久しぶりに見る顔だ。
LY5A8492.jpg
最後に見たのがいつだか憶えていないのだけど、生きたヒシダイを見たのはミハラハナダイ同様、下田海中水族館でのことだった。
美ら海水族館で見たことがあったけれど、もう10年くらい前のことのように思う。
なかなか見られない≠珍しい魚と言う訳だ。

深い場所に住む魚は水族館では珍しいものだが、例えば、〇〇ハナダイ、みたいな、他に似たような種類がいるものだと、知らなければその凄さに気付きにくいが、このヒシダイなら見た目からして特別感? があって、知らない人でも珍しさが見て分かるのではないだろうか?
なかなか見られない魚なのに、3匹も展示されているのもスゴイ!!
見たことない人には、沖縄行きに理由にならないだろうか?

久しぶりと言えばもう1匹、ウチワフグもそう。
LY5A8509.jpg
これまた深海に住まうフグで、腹部を広げるとその名の通りウチワのようになるというフグ。
美ら海水族館ではこれまで何度か展示をしており、過去10年の間に2~3回は見たような気がするが、ここ数年は見られていなかった。
沖縄周辺海域に多いのか、それとも技術的、設備的な問題だろううか。美ら海水族館以外では見たことがない。
久しぶりに展示されたものは、過去に展示されていたものより小ぶりだが、数は多く、1種類で展示された水槽には数匹が泳いでいる。
ウチワ状の腹部は、時々広げることがあるらしいのだけど、オレは見たことがない。
運が良ければ、膨らんでいるところにも遭遇できることがあるらしい。

深海コーナー以外の魚も。
熱帯魚の海水槽にいたトビハタ。
LY5A8838.jpg
水槽を回りこんだ岩場(深海みたいな暗いところ)にいて、そのあたりを行ったり来たりしていた。
暗い水槽で黒い魚なので、なかなか正体が分かりづらかったのだけど、ライトが着いた瞬間、たまたま水槽前を通りがかった時にその姿が目に入り、正体に気付いた。
トビハタも水族館ではあまり見掛けない(見掛けても気づかない?)顔だが、沖縄にもいるんだ!! ということにまず驚いた。
とりあえず、美ら海水族館で見たのは初めて。沖縄では多分、珍しい魚のはずなので、そういう意味では貴重な1匹と言えるかも?

最後は大水槽からも。
美ら海水族館でサメ、それも遊泳性のメジロザメ類はサメ水槽で展示されるが、まだ小さくてサメ水槽には入れられないような個体だと、大水槽で育成されるようだ。
例えば、6月にサメ水槽に移動されたツマジロやクロトガリザメも、以前は大水槽を泳いでいたのだ。
それらが移動されたことで、大水槽からはメジロザメ類がいなくなったと思っていたら、小さなサメがヒョロッと泳いでいるのを見つけた。
LY5A8868.jpg
何だあのサメは!! スタッフ氏に聞いてみると、ホウライザメだろう、とのこと。
多分、ホウライザメで間違いないはずだが、まだ小さくはっきりしない部分もあるためだそうだ。
ホウライザメの可能性が高いメジロザメ属の1種とするのが最適かな?
それはともかく、オレが見た7月初め時点ではそれはもう小さくて、大水槽にいると他の魚に食われてしまうんじゃないかと心配になるくらいの小ささ。(この写真を撮るのもかなり苦労した)
これまで他のサメがそうだったように、1年もすれば見違えるように大きくなるのだろうと思うが、今はまだ、あの大きな水槽でその姿を見つけるのも大変なレベル。
サメ水槽のイタチザメやツマジロ、クロトガリザメは要注目だが、サメを目当てに出掛けた人は、大水槽のこの個体も探してみて欲しい。
nice!(1)  コメント(2) 

サンシャインラグーンでマニアックな暇つぶし [海の魚]

3月以降、サンシャイン水族館に度々足を運んでいる。
ゾウギンザメの産卵に始まり、バイカルアザラシの出産、ベビーの公開など、とんでも級のニュースが続いたからだ。
ゾウギンザメの産卵や産み落とされた卵は、それほど苦労することなく写真に収められたものの、バイカルアザラシベビーには苦労させられた。
ご存知のように、暗い水槽を泳ぐ黒い被写体。それだけでも大変なのに、しかも、水中を泳いでいてくれないと姿すら見えない水槽の構造上、陸上に上がられると完全にお手上げ。
泳いでいるかは時の運。オレが行くとアザラシベビーは決まって陸上にいて、写真どころかその姿を見ることさえできないことが続いた。

泳いでくれるのを待つ間、他の水槽を眺めたりしているのだけど、度々足を運んでいれば、知り合いに遭遇することもある。
ある時、ラグーン水槽前で、Twitterを介して繋がりがあるアポゴン(テンジクダイ類)マニア氏に会ったことがあった。
彼が、キュウセンフエダイがいますよ、とか、主要なタカサゴ類は全部います!! とか教えてくれるものだから、それは探し出して、ちゃんと見なきゃいけない、という“宿題”となり、アザラシ待ちの合間にそれらを探し出すことにした。

まずはキュウセンフエダイ。
LY5A9637.jpg
これは会った時に教えてもらったので、すぐに分かった。

ヨスジフエダイやロクセンフエダイに混じって泳いでいることが多いが、いつ行っても見られるその2種とは異なり、全然姿が見えない時もある。1匹しかいない?
でも、見られる時にはアクリル前をずっと泳いでいたりして、簡単に見つかる。
よく似たフエダイシリーズとしては、ヨスジ、ロクセン、ベンガルの3種がメジャー? だが、キュウセンは他所の水族館でもあまり見掛けない。
なお、ラグーン水槽にはヨスジ、ロクセンはいるが、今のところベンガルは見掛けたことがない。発見できてないだけかも知れないけど。

そして、タカサゴ類。
あの水槽に数多くいるタカサゴ類だが、先のテンジクダイ類マニア氏がいう主要な種類とは、Pterocaesio属の4種類、クマザサハナムロ、タカサゴ、ニセタカサゴ、イッセンタカサゴのこと。
クマザサ、タカサゴ、ニセの3種は分かっていたけど、イッセンは気付いたことがなかったので、こちらも探してみることに。
LY5A8399.jpg
タカサゴ。

LY5A9665.jpg
ニセタカサゴ。

不思議なんだけど、ニセタカサゴがよく見られる日は、この水槽、ニセタカサゴしかいないの? というくらい、そればかりが目に付くのに、反面、タカサゴしか見えない日もあって、あれだけいたニセタカサゴはどこ行ったの? と。
だからなのか、イッセンタカサゴも探すと見つからない。
本当にいるの? とか、この3種は唐揚げにしちゃえば、全部“ぐるくん”じゃねぇか!! とか思いつつ(笑)、ラグーン水槽を眺めていると……

いた!!
イッセンタカサゴ。
LY5A8389.jpg
しかも、1匹だけとかではなく、ある程度まとまった数がいる模様。
このイッセンタカサゴ、イッセンタカサゴとして魚名板が出ていることは少なく、水族館ではあまり見掛けない印象だが、タカサゴが沢山いる水槽をよく探すと、こうして見つけられたりするのかも知れない。
タカサゴ、ニセタカサゴ、イッセンタカサゴも、いずれも泳いでいる個体は小さめな上に、都合よくアクリルの前まで来てくれるとは限らない。
小さな魚の写真を撮るには、大きすぎるラグーン水槽で、狙ったタカサゴを撮る……
アザラシベビーが泳いでいるのを見るまでに、結局、4回ほど足を運ぶことになったものの、こんなことをしていたお陰で、アザラシが陸地で眠っている間も退屈せずに済んだけれど……

本来の目的たるアザラシの写真はというと……
まだサンシャイン通いを続ける必要があるようです(涙)

おまけ。
2Fのアマゾン水槽を横目でチラ見しながら前を通り過ぎようとすると、底をついばんでいるカラープロキロダスの中に、違う種類がいることに気が付いた。
LY5A9623.jpg
プロキロダス属は種類数が多く、どの種類かは分からないが(←調べてもいないし・汗)、シルバープロキロダスとして流通しているものだろうと思う。Semaprochilodus taeniurus?

昔、ヒレが赤い“カラー”に対し、ただのプロキロダスと言われていたものじゃないかな?
すごく珍しいという訳ではないと思うけど、よく見掛けるカラープロキロダスに比べると、見掛ける機会は少ないのだろうと思う。これまたオレが意識してないだけかも知れないけれど。
4匹いる内の2匹なので、これはすぐに見つかるはず。

サンシャイン・暇つぶしマニアックス、でした(笑)
nice!(0)  コメント(2) 

丹後魚っ知館の気になる魚 [海の魚]

丹後魚っ知館にはアザラシやペンギンもいるにはいるが、基本的には魚の水族館だ。
その魚の展示も、ちょっとマニアックな感じがあったりして、魚好きには楽しい。
とりわけ、あらゆる魚がギュッと沢山入った大水槽は、いろいろな魚を探し出す楽しさがある。
水槽の縁に、魚類カードよろしく“全種類分出てる?”みたいな魚名板が並んでいるのだけど、それを見ながら、“これもいるの?”と探し出すのが、この大水槽の楽しみ方だ(多分・笑)。
中でもハタの仲間は充実していて、11種類が入っていた。
魚名板は12種類分あったけれど、その中でスジアラだけはいないようで見つからなかったが、それ以外の11種類はちゃんと探し出して、その姿を見ることができた。
その中で気になったのがアカマダラハタ。
LY5A8728.jpg
気になった理由は、見た記憶がないから。
これまでどこかで見たことがあったのかも知れないし、よく似たマダラハタはあちこちで何度も見た覚えがあるのだけど(同じ水槽にもいたし)、このアカマダラハタは見た覚えがない。
初めてだったのか? という訳でここに。
googleで画像検索すると、丹後魚っ知館で撮影された個体(同じ個体?)の写真がいくつか出てくるので、ここにしかいないのかも知れない。

大水槽はハタ以外にもフエダイとコショウダイが多くいた。
その中で目を引いたのがアジアコショウダイ。
LY5A8758.jpg
幼魚は白と黒のメリハリがハッキリしていて綺麗だが、成魚は昔のTVの“砂嵐”みたいな色柄。もちろん、それもシックで綺麗だとは思うけど、万人受けする幼魚と、マニア向けの成魚、みたいな感じ?
それはともかく、ここの大水槽にはそんなアジアコショウダイの成魚が数多く泳いでいて、やけに存在感を主張していたような気がしたのだ。
サイズもそこそこあるし、動きも力強くて速い。それが目の前を次々に横切っていく。
数多ある魚の中でもアジアコショウダイが大好き!! という人がいるなら、この水槽、間違いなく最高だと思う。

スズメダイの仲間は、小さくて、水槽の中でも“その他大勢”的ポジションな魚の印象がないだろうか?
オレの好みが大きいもの、というのもあるけれど、特定の種類が強い印象となって残ることは多くないように思うのだけど、綺麗なスズメダイが多い丹後魚っ知館ではそんなスズメダイがしっかり印象に残る。

サンゴ礁水槽に沢山いたナミスズメダイもそんな1匹。
LY5A8668.jpg
大小沢山数が多かったものあるけれど、やはり綺麗に仕上がっているのが好印象。
水槽の前に行くまでに、何あの綺麗な魚!? と思い近寄ってみるとナミスズメダイだった。
これまた記憶にないものの、この魚は恐らく、他所の施設で見ているはず。綺麗な個体と巡り合うことで、ハッキリとした印象に残すことができたのはラッキーだった。

綺麗なスズメダイと言えばもう1種、小さなスズメダイなどを展示した水槽にいたイシガキスズメダイも印象に残った1匹だった。
LY5A8775.jpg
大きなサンゴ礁水槽ではなく、小さな水槽に入っていたが、デバスズメなどよく見掛ける種類が泳ぐ中で、異なった色合いのスズメダイ。
おっ!! ここにも綺麗なスズメダイがいるぞ、と水槽に近づくと、サッとサンゴの後ろに隠れてしまい、なかなかその姿を見せてはくれなかったが、出てくる時には水槽の真ん中で偉そう? にしているツンデレ系(笑)
ナミスズメダイ同様、これまで特に意識したことのない魚だったが、次はどこで会えるだろう。そんな風に思わせてくれる出会いだった。

最後の1匹は、サンマに触れない訳にはいかないだろう。
LY5A8850.jpg
小さな円形の水槽に、小さなサンマが展示されていたが、まさかサンマがいるとは思わず、かなり驚いた。
展示されているものは大きくても10㎝程度と小さく、水槽もさほど大きくないのだけど、水槽の上半分はプライバシーガラスのようなフィルムが貼られており、また、サンマの動きがかなり落ち着きなくビュンビュン動き回っているため、周辺の映り込みも手伝って、見にくいことこの上なしではあるのだけど、それも仕方がない。
サンマは食材としては有名だが、水族館では滅多に見られない。神経質で飼育が極めて困難な魚としてもよく知られているからだ。

こうした展示は物珍しいだけでなく、サンマの生きた姿を見られる貴重な機会でもある。
水槽が置かれている場所は明るく、水槽も小さいので、いつでも見られるとはいかないかも知れないが、もし、見ることができたらラッキーだ。

こんな魚たちを見に、また行きたいとは思うけれど、意外と行きにくいんだよなぁ……
nice!(0)  コメント(4) 

珍魚・ゾウギンザメ展示開始@サンシャイン水族館 [海の魚]

1週間前のことだっただろうか。
サンシャイン水族館で3月15日より「ゾウギンザメ」の展示が開始されることが発表された。

ゾウギンザメだと!!
LY5A7509.jpg

もちろん驚いた。
とんでもない級のビッグニュースなのはよく分かる。でも、どこか降って沸いたような話、みたいな印象だったし、当のゾウギンザメ自体、よく知らない魚だし……

オレはギンザメ類に憧れを抱いたことは、正直言うとなかった。
サメの名前が付いた軟骨魚類ながら、その見た目はずいぶん印象が異なっているし、オレがサメやエイに求めてる魅力みたいなものを、ギンザメ類に見出すことができなかったから、なんだろうと思う。
余談ながら、ギンザメ類はサメやエイと同じ軟骨魚鋼に属しているけれど、サメやエイが属する板鰓亜鋼ではなく、全頭亜鋼という別亜鋼に属している。
つまり、近いようでいて、それほどでもない間柄、と言ったところだろうか。

ギンザメ類に興味が薄いのは、あまりにも馴染みがないことも影響している気がする。
オレが見たことのあるギンザメ類といったら、スポッテッド・ラットフィッシュただ1種のみ。
今現在、鴨川シーワールドでギンザメが展示されているようなのだけど(それも早く行かなくちゃね)、生きた姿を見る機会なんて同じ深海の住人であるはずのミツクリザメやラブカよりずっと少ないのだからね。

そんな馴染みが薄いギンザメ類の、しかも日本にはいない種類が唐突にやってきたのである。
正直、どう驚けばいいのか分からない、みたいな感覚だった。
でも“生き物系水族館ブロガー”としては、やっぱり行かない訳にはいかないよね。
しかも、未飼育種へのチャレンジ、それも簡単じゃなさそうな魚種、等々、オレ好みなワードも並んでいるし。
なのに、公開日には行けない……
15日のTwitterには、ゾウギンザメの画像が並び、遠くからそれを羨ましく眺めていた。

そして18日、朝一で駆け付けたオレの前に、初めて見るゾウギンザメが。
LY5A7489.jpg
特徴的な突き出た吻もさることながら、一般的な? ギンザメとは大きく異なるチョウザメのような尾ビレが何とも印象的。
LY5A7445.jpg
胸ビレを羽ばたかせるような泳ぎ方はギンザメらしいところだが、突き出た吻先、大きな頭、高く尖った背ビレ、比較的高い体高など、全体的なフォルムはロングノーズ・コリドラスのような印象。
LY5A7714.jpg
※参考 ロングノーズ・ブロキス(コリドラスじゃないけど・笑)
こうして見るとあんまり似てないね。

でも、とりあえず、見た目からして珍しさが伝わってくるようなフォルムと、水槽の前に立つだけで目に入る適度なサイズ感など、水族館の話題の新人には素晴らしいくらいの条件が揃っている。
ゾウギンザメは卵の形もとても変わっているが、サンシャイン水族館ではその展示を目指していたそうなのだけど、いろいろ情報を集めていると、魚自体が手に入ることが分かり、今回の展示と相成った、とのこと。

ゾウギンザメはかつて葛西臨海水族園でも展示されていたことがあるそうで、その意味では、今回が日本初ではないのだけど、葛西で展示されたものは今回サンシャイン水族館で展示されたものとは別の種類。
サンシャイン水族館のものはオーストラリア産のCallorhinchus miliiという種類で、葛西のものはC.callorynchusという南米産の種類だったようなので、今回の展示は日本唯一にして日本初と言っていいはず。

ゾウギンザメは繁殖期になると浅いところまで上がってくるため、その時期に捕獲されたものは水槽でも状態よく飼育することができるのだという。
現地で畜養されていたこともあり、とてもいい状態で日本に到着したそうで、到着した早々から餌を食べ始めたらしい。
今では、アジやエビなどの餌を毎日大量に食べているのだそうだ。

状態がいいと、黒と銀が混ざったような体色になるそうで、サンシャイン水族館の展示個体はとてもいい状態であることが分かる。
LY5A7431.jpg
この手の魚にありがちな“早く行かないと見られなくなる”みたいな危うい感じがないことでも、状態の良さが見て取れる。
そのことをTwitterに上げたら、多くの人がリツイートやいいねをしてくれて、この魚に関心が高い人が多いことが分かった。
水族館の関係者でもないのだけど、珍しい魚に高い注目が集まることはオレも嬉しい。

サンシャイン水族館では、ゾウギンザメの繁殖を目指すと発表しているが、そんな夢のような話が意外とすんなりいけてしまうのでは? みたいな気さえしてしまう。

この不思議な感じは多くの人に見てみて欲しいと思うのだけど、状態がいいので慌てる必要はない。
これから先は、いつ行っても見られるだろうからね。
nice!(0)  コメント(2) 

小笠原水産センター 小さな水族館の気になる魚 [海の魚]

小笠原海洋センターの気になる魚と言えば、やはり水族館の顔と言ってもいいアカハタ(アカバ)の話をしない訳にはいかないだろう。
ちなみに、アカバというのは小笠原での呼び名。
LY5A3824.jpg

小笠原の周辺には多いらしい。
せっかく小笠原まで行ったのだからと、寒かったけど海に入ってシュノーケリングを頑張った? のだけど、その時もその姿を見掛けた。
だが、水産センターのものは、小笠原に多いから展示されている訳ではなく、そこで種苗生産がなされているから。放流もされているらしい。
何でも、ワイルドとブリード個体では鼻孔の形状が違うそうで、見分けることが可能なんだとか。

でも、そんなことより、水産センターのアカハタは可愛いのだ。
ブリードだからか、はたまた飼育環境によるものなのか、水産センターのアカハタはよく見知ったアカハタよりも茶色い。館内の水槽にいる小さな個体の方がアカハタらしい体色をしていたが、それでもやっぱり茶色っぽい。
LY5A3961.jpg

そういえば、海で見掛けた個体も茶色かったような…… 明るい場所にいるからなのか? それとも小笠原産の特徴?
茶色っぽくてアカハタっぽくない色をしてるが、大きいものも小さいものも、それはそれは可愛い!! という点は共通している(笑)

何しろ、マッサージしてやるとうっとりしてしまうような魚である。
ハタの仲間にはそんなのがしばしばいるが、タマカイとかクエみたいに巨大化する訳ではなく、家に置ける水槽でも飼えそうなサイズ……
歯みがきプールでオレを見上げてくる目線、そして館内水槽で組み体操? している小さな個体を見ていると…… ウチに連れて帰りたい… そんな感情がムクムクと……

結果、ウチの水槽は海水で満たされることにな……  りはしなくて、画像を眺めながらニヤけるだけなのだけど。
ウチの近所で良好な海水が手に入るなら、迷うことないんだけどなぁ……

とりあえず間違いないこと。小笠原水産センターに行くと、アカハタが好きになります!!

お次の1匹は色鮮やかなチョウチョウウオなど小笠原周辺の魚が泳ぐ水槽にいたフウライボラ。
LY5A3903.jpg
本州付近、千葉などの磯でも見られるらしいのだけど、水族館では稀種だろう。オレは見た記憶がない。
1匹しかいなかったけれど、普通のボラとの最大の違いである顔(口元)は、ここでは非常に分かりやすかった。
というのも、同じ水槽には普通のボラも1匹入っていて、常にそれと寄り添って2匹で泳いでいたため、アクリルの前を通り抜けるだけで、両者の差が一目瞭然に分かるのだ。
フウライボラをじっくり観察したい、ボラとの違いをしっかり見極めたい、そんな人がいるとしたら、小笠原水産センター、オススメです!!

水族館での稀少種と言えば、カッポレもそう。
LY5A3966.jpg
ギンガメアジやロウニンアジなどの大型ヒラアジ類の1種だが、不思議と水族館では稀種で、オレの知る限り、現在、展示されているのは美ら海水族館の大水槽と小笠原水産センターにいるものだけのはず。
もともと、大型ヒラアジ類は好きな魚の部類というのもあるけれど、その稀少性も手伝ってか、その姿にはちょっとしたありがたみ? を感じてしまう(笑)
ここにも1匹しかいないのだけど、美ら海水族館の大水槽に比べればはるかに小さい水槽に入っているので、すぐに見つかるし、目の前にも来てくれるので、よく見える。
会いに行くには片道24時間航海が必要になるが、カッポレファン? にはオススメだ。

カッポレやフウライボラも稀少だが、それ以上かも知れないのが、屋外の池にいたガラパゴスザメ。
LY5A4245.jpg
オレは初めて見たサメだ。
このサメも以前(10年くらい前)、美ら海水族館で展示されていたらしいのだけど、オレが行くようになった09年以降は1度も見ていない。
とは言え、メジロザメ属のサメらしく、きわめてオーソドックスなメジロザメ体型。
そのため、初めて見たのに初めてな気がしない(笑)
同じ池では、小笠原でよく見られるサメであるネムリブカが一緒に飼われていて、大きさも同じくらい、上からしか見られない水槽(池)であるため、正直、どれを見ても“サメ”だったりするのだけど、ガラパゴスザメは水面から背ビレを出しながら常に泳ぎ回っているので、分からないということはないと思う。

できれば、横から見られると嬉しかったなぁ……
nice!(0)  コメント(3) 

沖縄美ら海水族館の気になる魚Vol.8 [海の魚]

沖縄には今まさに台風が接近しているけれど(沖縄の皆さん、気を付けて!!)、先日、オレが行った時にも台風(7号)に見舞われ、それが行き過ぎた後も大雨に祟られ続けたせいか、水族館も十分に楽しめなかった。

先週のブログに書いたオオグチイシチビキ以外、特別な目的があった訳ではなかったものの、そういう時に限って、深海エリア以外でも見たことがない、美ら海水族館では初めて見る、みたいなものが多く、いつも以上に(と言ったら怒られるかもだけど)見所が多く、でも、水族館にいた時間が短く、あんまり写真も撮ってなくて、何とも不完全燃焼。
よしっ!! また行くか!! と思うところだけど、今年はもう無理…… だよなぁ…(涙)

最初の気になる1匹は、入館してすぐのサンゴ礁水槽にいたハナタカサゴ。
LY5A9176.jpg
最初、ウメイロモドキかと思ったのだけど、色合いと鱗の感じがどうも違う。しかも、黄色いラインもない。
何者だ!? と思って眺めていたところ、通り掛かったスタッフ氏に教えてもらった。
2匹しかいないらしく、そう聞くと何だかありがたみが増すような気がしてしまうのだけど、どこに隠れるのか、この写真を撮った時以降、1度も姿を見せてくれなかった。
この水槽の前はその日だけでなく、その翌日も何度も通っているのに、姿を見たのはこの時だけ。
しかも、この写真を撮った時も、スタッフ氏とちょっと話をしていた間に、すっかり消え去ってしまっていて、水槽にいるはずなのに“幻”の魚になってしまった。
できることなら、もう1度、見てみたかったのだけど……

サンゴ礁の水槽のお隣、熱帯魚の海の水槽。
この水槽もいつも、何かしらの“見たことない”に遭遇できるのだけど、今回はこの水槽をじっくり眺めることをほとんどしなかったので、その“何か”をほとんど発見できなかった。
でも、水槽の周りをぐるりと回った深場のゾーンにいたナミフエダイは美ら海水族館では初めて見る顔だ。
LY5A9421.jpg
いつもここにはチャイロマルハタがいたんだけど、どこか別の場所に隠れていたのか、姿を見ることができず、代わりにいたのがコイツ。
存在感のある大型フエダイだが、水族館で見掛けることは少ない種類。
ここにいたものもそこそこの大きさがあったけれど、もう少し大きくなるはず。そうなったら、この水槽の主みたいな顔をして泳ぐようになるんだろうなぁ、と。
次に行く時には、そんな光景が見られるだろうか。

続いては、大水槽。
美ら海水族館で見るのは初めてつながりでカッポレ。
LY5A9475.jpg
これまた水族館ではあまり見掛けない種類だ。
今回、最初に水族館に行った時、どこにも目もくれず、真っ先に深海エリアへ直行したんだけど、横目で見ながら素通りした大水槽にこれまでいなかったカッポレの姿を見つけた。
あの大水槽に2匹しかいないそうで、しかもあまり大きな個体ではないので、飼育スタッフ氏からも「よく見つけましたね!!」と言われたが、偶然の勝利?
同属の大型ヒラアジ類がひと通り揃った大水槽の中だと、他種との違いがよく分かる。
ただ、いると分かっていても、あまり大きくない個体なので、探すとなかなか見つからない。
こちらも、早く大きくなってくれることを期待したい魚だ。

一方、大水槽で初めて見たのがオオカマス。
LY5A9218.jpg
オニカマスは大水槽でも何度か見たことがあったけれど、オオカマスは初めて。
地味に珍しい、そんな感じだろうか?
でも、そこそこの大きさがある魚が群れになって泳いでいる様は、なかなかの見応え。あの大きな水槽の中でも、それなりの存在感があった。
この写真もイマイチなので何だが、実はこのオオカマスとは別に、ここに登場させたかった魚がいたのだけど、写真がきちんと撮れておらず……
オオカマスも含め、次回の宿題だ。

大水槽で見たのは初めての、ちょっと珍しい魚と言えば、クロトガリザメもそれに当たる。
LY5A9497.jpg
昨年、大水槽に搬入された2匹のツマジロを探していたら、グンと大きくなった1匹を見つけた。
そしてもう1匹。全然大きくなってないんだなぁ。同じ種類でこんなに成長差が出るとは…!! なんて思ってたら、そのサメとは別にツマジロがもう1匹。
あれっ!? と思ってよく見ると、鰭先は白くなく、背ビレの形も違うし、体形も細長く、もっと尖った感じ。
そこで気付いた。クロトガリザメだ!! と。

クロトガリザメは大水槽のお隣、危険ザメ水槽にももっと大きなのがいるが、大水槽で泳いでいる個体はそれよりずっと小さくて、見失うともう1度見つけるのが大変なくらい。
だから、カッコいい、とか、力強さ、みたいな感じではなく、ひょろっとした感じ。
ただ、ツマジロの成長ぶりを見ると、このクロトガリザメも次に見る時には、見違えるほど大きくなっているんだろうなぁ、と。
という訳で、次に見る時は、クロトガリザメ、カッコいい!! となる予定(笑)

次に沖縄に行く時には、水族館も真面目に見学&撮影を頑張らなくちゃ、なのだけど、とりあえず、次は台風来ませんように!!
nice!(0)  コメント(0)