SSブログ

さよなら伊豆アンディランド [水族館インプレッション]

早咲きの桜で有名な河津に、伊豆アンディランドというカメだけの水族館があるのをご存じだろうか?
IMG_1563.jpg
いや、水族館とは名乗っていなくて、亀族館だと言ってる。
その呼び名が引っかかって? 06年以降の水族館巡りの行き先リストの中にも入れていなかったのだ。
下田海中水族館には2回行っているから、アンディランドの前も2回通っているんだけど、それでも「わざわざ亀を見に行かなくてもいいや」みたいにどこかで思っていたんだと思う。20年くらい前の話だけれど、行ったことがあるのも足が向かなかった理由かも知れない。
でも、そのアンディランドが、今年の8月20日をもって閉館することに決まった。
親会社が変わったことで、リニューアルをするのだという。つまり、今のアンディランドが見られるのは8月20日まで。というワケで急ぎ行ってきた。
本当ならもっと早い段階で行くつもりだったものが、中途半端に時間がなくてなかなか行けずにいたのだ。
でも、久しぶりに行ってみて思った。もっと早く来ておけばよかった、って。

亀なんてわざわざ見に行かなくても…
そう思っていたのは事実だけれど、小さい頃から生き物好きだったオレにとって、カメはもっとも好きな生き物のひとつだった。幼稚園~小学生の頃には、憧れの存在だったと言ってもいいくらい。今となっては飼おうとは思わないものの、それでも比較的好きな生き物であることは変わりない。
そんなオレにとって、アンディランドは思った以上に楽しい場所だった。

そもそも、飼育下のカメというのは可愛いものだ。
慣れやすいから、人を見ると寄ってくるし、その愛想のよさは魚にはないもの。
それどころか、変に人ズレしてツンとしている水族館の海獣類なんかよりも、愛想のよさに素直さがあって好感がもてる。
しかも、昼行性で、暖かい今時期にはとりわけよく動く。だから、しばらく眺めていても飽きることがない。
IMG_0389.jpg
カメラを向けるとポーズを決める写りたがりなアミメガメ。

また、水槽や水が綺麗なのも好感が持てたポイント。
カメなんて、強烈に水を汚す生き物なのに、ガラス面や水が比較的綺麗に保たれていた。
ちょっと水が汚れた水槽の水は、順次交換されるようで、館内を見て回っている時にも、新しい水に入れ替わる水槽がいくつかあったほどだ。
IMG_0323.jpg
大きな甲羅がまるでエイみたいなナイルスッポン。

有料の展示施設であるからして、展示物が綺麗に見えるのは最低限のルールだと思う。
それがきちんと達成されていると、やはり見ていて気持ちがいいし、その水族館がよく見えたりするものだ。

ただ、今の時期ならではの難点は、暑いこと。
そこはやはり、代謝の高い変温動物の展示施設であるからして、外光は積極的に取り入れられるようになっているし、高熱を発するライトなどの点灯率も高い。
館内はエアコンが入っているけれど、ジンワリと暑いのだ。館内で3時間以上を過ごしたが、あまり写真を撮らなかったのは、暑さのお陰でちょっぴり面倒くさくなっていたからだと思う(笑)

オレが行った日は特別暑い日(8月ならいつでもそうかな・笑)だったようで、屋外の運動場に放し飼いになったゾウガメたちも、木陰でジッとしていたほど。
そんな中で元気だったのが、ふれあいコーナーにいた若いアルダブラゾウガメとヒョウモンガメ、ケヅメリクガメの3頭。
IMG_0382.jpg
愛想のいいアルダブラゾウガメとヒョウモンガメ(後ろ)
その3頭がいる一角ではそれらのカメに餌を与えられるのだけど、それを分かっている3頭は、そこに人が来るとのそのそと足下まで近づいてくる。
その時点でかなり可愛いのだけど、売られている葉っぱとニンジンを差し出すと、大きな口を開けてムシャムシャ。それがまた可愛い。
人慣れしている個体たちなので、触っても(嫌がる触り方をしなければ)首や手足を引っ込めてしまうこともなく、ゾウガメなんかは撫でているとおとなしくジッとしている。
ザラザラしていて手触りは気持ちよくないんだけど、思わず連れて帰りたくなった(笑)
オレはあまり動物を触りたいと思わないので、ふれあいコーナーでも手を出すことは滅多にないんだけど、ここのカメたちの可愛さの前には、ついつい手が出てしまった。
この3頭以外にも、触れるカメは何頭かいて、いずれの種類、個体も触られ慣れているので、常識的に触る限りは、怒ったり、顔を引っ込めたりはしないはずだ。


展示はカメの専門だから、ほぼカメしかいない。
世界のあちこちのカメが展示されているけれど、興味がない人からすれば、どれもカメ。
せいぜい大きいか小さいか程度の違いしか分からないかも知れない。
でも、オレみたいに、小さい頃カメが大好きだったとかの経験があるなら、そのカメの名前や存在を知らなかったとしても、きっと想像以上に楽しめると思う。
IMG_0401.jpg
国内最大級と言われるワニガメ。1mは軽く超えてる。

ただし、それも今月の20日までの話。
もし、ちょっとでも興味を引かれたなら、急いで行くことをオススメしたい。
なお、リニューアル後は爬虫類をメインに、小動物などとのふれ合いが楽しめる施設になるとのことで、今年の年末頃中のオープンを予定しているらしい。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

タカ

ミストラルさん

実は先月末に私もアンディランドに行ってきました。
やはりリニューアル前に是非行かねばと思いまして!
徳島~静岡伊豆は遠かったです・・・。
車で休憩をはさみながらで10時間位掛かりました。

私の感想も良かった!です。
それにしても写真を綺麗に撮られてますね。
流石です!
ワニガメでかかったですね~。
確か国内最大級だと思います。
空港で梱包木箱を破壊して大暴れしたとか・・・。

私はゾウガメを放牧してるのが一番和みました。
自分の庭にも欲しい!でも猫の額ほどの庭じゃ
とても無理ですね。
餌やりコーナーは子供達が大喜びでした。
でも有料の餌が少ないし高いな・・・。
まぁ一杯与えて一人の客で満腹になったらサービスに
なりませんものね。

怖かったのはアカミミガメの池!!
大量に湧きあがって寄ってくるものだから甲羅が
ガチガチ鳴ってるし・・・。
子供達は覗きこんで落ちないか気が気じゃなかったです。
今度は一人でゆっくり回りたいなあと思いましたよ。

あっ!そうそう旧宮島水族館のトロピクスは愛媛おさかな館に
引き取られてるそうです。
ミストラルさんが絶賛してたトロピクスは宮島水族館出身かも
しれませんね。
by タカ (2012-08-08 19:17) 

ミストラル

>タカさん

徳島からアンディランドまで!?
それはそれはおつかれさまでした。

ゾウガメ牧場はよかったですね。
流石のカメたちにも暑すぎるのか、日陰から動きませんでしたけど(笑)
ゾウガメとか大きなカメには、何故か惹きつけられる魅力がありますね。

アカミミガメの池は確かに壮絶でしたね(笑)
池に近づいたら、小さな津波みたいにカメが押し寄せました。
あの池に落ちたら、無事では済まないかも知れませんね。

おさかな館に行ったのは、もう2年くらい前の話なんですが、
リニューアルよりだいぶ前ですよねぇ…
でも、あの大きなニカラグアがそうなのだとしたら、実にもったいないことをしたなぁ、と強く思います。
by ミストラル (2012-08-11 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0