SSブログ

意外な綺麗さにビックリ 美ら海水族館の深海魚 [海の魚]

美ら海水族館はその名前の通り、沖縄の美ら海を具体的な形で紹介した水族館だ。
沖縄の海といえば、水色に輝くサンゴ礁の海、そして美ら海水族館のお陰ですっかりお馴染みとなった大きな魚が群れ泳ぐ黒潮の海などが、誰もがイメージする姿だろう。
しかし、沖縄の海の多様性は、水深の浅いそれらの部分だけでなく、深海にも及んでいる。沖縄の周辺には深い海域が多く位置していて、そこには当然のことながら多くの深海生物が暮らしている。そうした海を紹介することを目的としている美ら海水族館にも、それらの展示を目的とした水槽が意外なくらいに充実している。水槽数や大きさなど、どこの水族館の深海コーナーより規模が大きいのも美ら海水族館らしいところだ。

とは言え、深海域に生息する魚類の展示が困難なのは、美ら海水族館でも変わらない。
深海魚といっても、多くの人が想像する奇怪な形をしたものではなく、比較的浅い200m以深のものが中心。だからどれも、普通の魚の形をしている。照明の暗い水槽は人気がないのも影響しているのか、深海水槽はほとんどの人がほぼ素通り。
お陰でこちらはじっくり見ることができるけど、もったいないなぁ、と思うワケです。
でも、パッと見ただけでは、薄暗い水槽に地味な魚がいるだけ。
黒潮大水槽のすぐ後に登場することもあって、より一層、地味に感じてしまうのだろう。
しかし、ここでも美ら海水族館ならではの楽しみ方があるのだ。

美ら海水族館は、カメラのフラッシュの使用に制限がない。
中の魚のことを考えると、光らせない方がいいんだけど、深海魚の水槽では発光させなくてはまず写真が撮れない。そこで、しっかり狙いを定めて、最低限発光させて撮影したのが以下の魚たちだ。
液晶に映し出された魚の画像を見て、オレも驚いた。何これ!? 綺麗じゃん!! ってね。

水槽にいる魚の中で、もっとも綺麗なのがこのハナフエダイだ。
IMG_8417.jpg
フラッシュを使わない薄暗い中で見ても、何となくこのキラキラ感が分かる。
マダイみたいな色? と思ってフラッシュ撮影してみたらこの通り。
まさに花の名前に相応しい、ビックリな綺麗さだった。

カメラの液晶モニターの画像を見ていちばんビックリしたのはアオダイだ。
IMG_8738.jpg
まさしく“アオダイ”だったから。

薄暗い照明の中では、白っぽい地味な魚でしかないのに、本当は爽やかな水色のとても綺麗な魚だったのだ。
そんな風には思っていなかったから、ホント、ビックリ。

水槽にはアオダイ以外にも、白っぽい地味な魚が何種類か泳いでいるが、アオダイがあんなに綺麗なのだから、その他の魚もきっと綺麗なんだろう!! と、見るからに地味な魚(笑)にカメラを向けてみた。それが以下の2つ。
IMG_8061.jpg
オオヒメ
IMG_8058.jpg
ヒメダイ
パッと見では分からなかったのだけど、ネームプレートを見ると、同じような魚の中に、オオヒメ、ヒメダイの2種類がいることが表示されてた。
確かによ~く見ると、それぞれの形に違いがあるような…
でも、形だけじゃなくて、色もよく似ていて、どちらもほんのりピンクがかった淡い緑色。アオダイほどではないけれど、なかなかの綺麗さだ。
こうした微妙な色合いは、生きていてこそのもの。これらの魚たちはいずれも、美味しい魚として知られているそうだが、死んだものではこの綺麗さは楽しめないんじゃないかと思う。だからこそ、水族館でしっかりとその色を堪能してみて欲しい。とは言え、薄暗いあの水槽では、その綺麗さはまったく分からないのだけど。

美ら海水族館の深海水槽は、他の水槽にいる魚も見逃せないのだ。
これまで紹介した魚たちが暮らす水槽のすぐ次の水槽にいるバラスズキの綺麗さにももビックリだった。
IMG_9398.jpg
コイツも小さくて地味な魚にしか見えなかったのだけど、フラッシュ撮影をしてみたらご覧の通り。ピンクの体色に黄色いフレーク模様という、それは綺麗な体色の持ち主だったのだ!!
小さな体も相まって、可愛いという印象だろうか?

沖縄の海の魚といえば、色鮮やかなイメージがあるが、深海に暮らす連中もこんなに綺麗なのだ。ハマダイなど真っ赤の体色を持つものを除けば、深海魚に特に綺麗なイメージはないけれど、さにあらず。
まだ知らない深海の魅力を見せつけられた気分になった。もちろん、こうした魚たちに会えるのは美ら海水族館ならではだ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

pomu.

美ら海水族館に深海魚!? と 深海魚がこんなにきれい!? の二重の驚きですね
特にハナフエダイの華やかさにはびっくりです
こんなにきれいなのに暗いところにいるなんてもったいない! とさえ思ってしまいます

アオダイの涼しげな美しさもいいですね~!
by pomu. (2010-10-12 15:42) 

ミストラル

>pomuさん

意外かも知れませんが、美ら海水族館、ものすごく深海生物の展示が充実しているんですよ。
どこの水族館よりも、規模も展示数も多いんじゃないかな?

ビックリな綺麗さなんですが、これも水槽を眺めてるだけじゃ、こんなに綺麗だとは分からないんです。
だから、オレもビックリしました。
今回紹介した魚は、ほとんどが美味しい魚なんだそうですが、
アオダイは色のイメージから、食べるとスーッとしそうです(笑)

by ミストラル (2010-10-13 05:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0