SSブログ

アクアワールド大洗の気になるサメ・その1 [サメ]

6/30のブログでも紹介させてもらった「クルマで旅するマガジン」の取材のため、ゴールデンウィークの直前、アクアワールド大洗にお邪魔させてもらった。
シノノメサカタザメが搬入されて以降、行こう行こうと思っていたから、図らずもそれが実現したことになるのだけど、仕事なので、いつものようには見られないだろうと、個人的な見学(笑)はほぼサメ水槽だけに集中した。
やっぱり、アクアワールド大洗といえば、“サメ”なのである!!

2年ぶりくらいだったこともあって、サメの水槽にも変化が。
IMG_5955.jpg
まず、サメ水槽1はシロワニの数が増え、その代わりにニシレモンザメの姿が見えなくなってた。大きなクロヘリメジロの数も減ったかな?
シロワニは以前に行った時、予備水槽にいたものが展示デビューを果たしたものだろう。
IMG_5794.jpg
クロヘリメジロは出会いの海の大水槽にいる個体が大きくなり、存在感を増していたので、それが目的なら、やはり今でもNo.1スポットと言っていいだろう。サメ水槽1にいる個体と合わせれば、飼育個体数でも日本一は間違いなさそうだし。

個人的に最大の目的だったシノノメサカタザメは、サメ水槽2で暮らしてた。
IMG_5823.jpg
まだそれほど大きくはないけれど、小さな個体が中心のサメ水槽2では十分な存在感。
エノスイにいてくれるから、比較的目にする機会はあるけれど、展示してる水族館が少ない魚だけに、やはり見られると有り難い感じがするね。
シノノメの写真も、オニイトマキエイやツマグロと同じくらい、パソコンの中に山ほど写真があるのだけど、今回もやっぱり沢山撮ってしまったよ(笑)
改めて、いや、いつどこで、何度見てもいい魚だなぁ、と思う。

その日は、トラフザメも気になる1匹だった。
IMG_5866.jpg
胸ビレに噛み傷の(交尾した可能性の高い)あるメス個体。しかも、心なしかお腹のあたりがふっくらとしているように見える。
普段なら、そこで終わりなんだけど、よく見ると、総排出腔からヒラヒラ何かが出かかってるのが見えた。
もしかすると、卵が出てくる瞬間が見れるのかも!! と色めきだつ。
ひたすらその方向にカメラを向けながら、その瞬間を待っていると、同行していたプロダクションの人がポツリ。“ウンコじゃないの!?”
“いや、そんはなずはない!!”と言い切る自信もなく、そう言われるとそんな気も。
しかも、いくらサメとは言え、メスの総排出腔にカメラを向け、実は狙っているのが糞が出る瞬間なのかも知れない… そう考えると、自分があまりにも変態みたいな気がしてきて、その場を後にした。
結局、糞だったのか、卵だったのかは謎のまま…

気になるサメはもう1匹。トラフザメの水槽の並びにいたストライプキャットシャーク。
IMG_5873.jpg
この色、柄、綺麗でしょ!?
オレ好みなタイプではないのだけど、色や柄の綺麗さに惹かれて写真を撮ってみた。
顔つきはナヌカザメによく似たネコ顔。顔だけなく、動かない所も同じで、いる位置がよければ、誰でも、どんなカメラでも綺麗に撮れるのも魅力!?
今年注目の南アフリカ産で、コイツを展示している水族館はあまりないので、そういう意味では要注目の種類と言えるかも。

アクアワールド大洗でサメといえば、もうひとつ。
取材でお邪魔した時は、滞在時間がたったの3時間と不完全燃焼だったので、また行きたいなぁ、なんて考えながら、水族館HPをチェックしていたら、すぐにでも行く理由が見つかった。
ヨシキリザメが搬入された、というニュースを見つけてしまったからだ。
ヨシキリザメはオレがもっとも好きなサメであると同時に、生きた姿を見たことがない種類。これは急ぎ行かなくては!!
とは言え、そのニュースを見つけたのは6/9の夜のこと。
“よし明日にでも”と思ったものの、納品しなくちゃいけない原稿が、しかもその時点で2日遅れ。流石にサメを優先するワケにもいかず…
HPの写真を横目に、何とか原稿を収め、そして11日の朝。
ようやく念願が叶うという喜びに、弾む心が抑えられない。とは言え、相手はサメだ。
駅へと向かう道すがら、念のため電話してみると…
“スイマセン、もう…”
何となく予想はしていたのだけど、やっぱりダメだった。
まったくサメってヤツは、どいつもこいつも!!  弾んでた気持ちをどうしてくれる!!
しかも、悔しいのが、死んだのはオレが電話したその日。つまり、その前日に行っていれば逢えていたのだ。
そう思うと、もう1日締め切りブッちぎっていたら、なんて考えも頭をよぎったのだけど、一応、責任ある社会人の端くれ? としては、それをしなくてよかったんだろうなぁ… と、内から湧き出す後悔の念を必死になだめてる。
ちなみに、オレが逢うはずだった個体の画像は、水族館のHP、アテンダントダイアリーに掲載されている。

生きたミツクリザメを見ることはできたから、後の目標はヨシキリ、ホオジロ、アオザメの3つ。それが簡単な目標でないことは分かっているけれど、オレが生きている間に絶対見てやろうと思っている。
まぁ、水族館で見ようと思っている以上、大いに他力本願的ではあるのだけど(笑)
とりあえず、待ってろ、サメ!! いつか必ず生きた姿を見てやるぜ!!
というか、アクアワールド大洗のスタッフの方々、頑張って下さい!! ものすごく期待してます!!
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

pomu.

ストライプキャットシャーク、初めて見ました
きれいですね!
顔立ち、模様、体つき……とてもスマートで、ちょっと不思議な感じで
じっとしていて撮りやすいっていうところもとてもいいです(笑)

ヨシキリザメは「乾燥フカヒレ」しか見たことがありません
生きてガンガン泳ぐ姿を見てみたいですねぇ

シノノメサカタザメにトラフザメ……
少し前までサメといえばジョーズのイメージしかありませんでしたが
いろんなサメがいて、それぞれ魅力的ですね^^
by pomu. (2010-07-15 17:13) 

ミストラル

>pomuさん

いろんなサメがいますよね。
まぁ、400種類以上がいて、さらにアクアワールド大洗にはその内の約50種類がいるのですから、すごい話です。
シノノメはエイだけど…(笑)

ストライプキャットシャークは大阪の海遊館にもいるようです。
大洗のは小さくて、可愛らしい感じでした。
ヨシキリは… 乾燥フカヒレなら探せば見られそうですが、生きた姿は…
漁獲量は少なくない種類なんですけどねぇ…

by ミストラル (2010-07-16 11:15) 

pomu.

あ! そうでした!
シノノメサカタザメはエイでしたねー
つい最近、人に「サメとエイの違いはねー」なんて自慢げに話したところだったので
「やっちゃった」的な気恥かしさで、ひとり赤面してます(笑)
by pomu. (2010-07-16 14:22) 

ミストラル

>pomuさん

もちろん、pomuさんなら、シノノメがエイであることはご存知だと思っていましたよ。
でも、サメの話をしてる中に、サメの名がついたエイを入れてしまったのは、ちょっと分かりにくかったかなぁ、と反省しています。
平べったい体のサメでも、エイとはついてないのに、サメとついたエイは意外と多くて、その度にエイに“サメ”ってつけるなよ!! と思わされます。
by ミストラル (2010-07-18 02:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0